住宅ローン 繰り上げ返済

住宅ローンの繰り上げ返済とは?

Sponsored Link

住宅ローンの繰り上げ返済とはどのようなことでしょうか?

 

【返済額に占める利息と元金の割合について】

 

このサイトを読み進めてきたあなたは、住宅ローンの返済額の計算方法は、
毎月の借入金残高に対し、金利を掛けて利息を計算し、この残高と利息を
足した金額から、毎月の返済額を引いて、次の月の借入金残高を計算する
ということを理解されたことと思います。

 

では、これを実際の例で説明することにします。

 

借入金残高が3000万円、金利2%、期間35年の住宅ローンの場合、
後述する元利均等返済で、毎月の返済額を、仮に10万円として考えて
みましょう。

 

ここで、借入金残高が3000万円のときと、返済が進んで、300万円に
なったときの返済額に占める利息の割合を比べると、次のようになります。

 

@残高が3000万円のときは、利息は月額にして5万円(3000万円×2%÷12)
になるので、返済額10万円のちょうど半分が利息の支払いに、残りの半分が
元金の返済に充てられることになります。

 

A一方、これに対して、残高が300万円のときは、利息は先ほどの10分の1
ですから、利息が5000円、残りの9万5000円が元金の返済に充てられます。

 

ご紹介しましたこの例のとおり、借りた当初は、なかなか元金が減らないことが
理解できると思います。

 

【繰り上げ返済は返済額以上の利点がある】

 

では、繰り上げ返済すると一体どうなるでしょうか。

 

一部でも繰り上げ返済すれば、元金が減り、将来支払うはずの利息も
支払う必要がなくなります。

 

シミュレーションをしてみると、先ほどの例で1回目の支払い時に100万円
繰り上げ返済すると、節約できる利息は96万5778円にもなるんです。

 

繰り上げ返済は、元金が多いほど、残りの期間が長いほど、そして金利が
高いほど大きな効果をもたらす返済方法となります。

 

あなたに余裕資金があるときには、たとえ1万円でも繰り上げ返済に充当すれば、
長い目で見れば得になります。

 

繰り上げ返済には手数料が必要になることが多いのですが、新生銀行など、
手数料なしで何度でも繰り上げ返済ができる住宅ローンもあるので、
一度検討されることをオススメします。

Sponsored Link
Sponsored Link

サイト理念

不動産鑑定士とは

他資格との比較における難易度

ダブルライセンスのメリットとは

不動産鑑定士の年収は

不動産鑑定士試験を突破するには

不動産の基礎知識の情報館

不動産の法務局調査

不動産取引の流れ

不動産価格の査定の実務

不動産取引に必要な融資の基礎知識