住宅ローン 抵当権

住宅ローンで多い抵当権とは?

Sponsored Link

【住宅ローンで多い抵当権とは?】

 

不動産を購入する際に、住宅ローンを借りた場合、貸す側の銀行からすれば、
返済を確実にしてもらうために、土地・建物を担保にとるのが通常です。

 

その場合、多くは銀行が、不動産に「抵当権」という権利を設定することになります。
抵当権とは、民法に定められた権利で、「所有者(=債務者)が不動産の使用収益
ができるようにしたままで、債務の弁済を確実に受けることのできる権利」という物権です。

 

つまり、抵当権を設定した不動産では、所有者(=債務者)は今までと何ら変わりなく、
自分のものとして使用することができます。

 

ただ、いったん住宅ローンの返済が滞り、銀行も債務者がこれ以上の返済が
見込めないと判断した場合には、銀行は自己の債権を保全するために、
設定した抵当権が実行されることになります。

 

ここで抵当権が実行されると、その不動産は競売(「きょうぱい」または「けいばい」)
にかけられ、裁判所を通じて売却されてしまいます。

 

そして銀行は、この売却代金から、貸したお金を回収するというしくみになっているわけです。

 

不動産を売却しても完全に借入金が返済できない場合には、債務者は引き続き残りの
債務を負うことになり、売却代金から返済して余りが出た場合には、通常、現金で
清算されます。

 

抵当権がついた不動産を別の第三者が購入して、その後、抵当権が実行され、
知らない人の借金の「カタ」に購入した不動産が持っていかれては第三者にとっては
酷なことになるので、抵当権をはじめ不動産の担保の設定については、第三者にも
わかるように登記をするのが一般的な制度となっています。

 

【不動産の担保権は多くの種類がある】

 

「抵当権」のほかによく利用される担保権として、「根抵当権」というものがあります。
銀行の住宅ローンでも、抵当権ではなく根抵当権を設定する例も見受けられます。

 

根抵当権では借入の限度額をあらかじめ設定し、その限度額の範囲内で
金融機関から借入・返済を何度でもできるようになっています。

 

最近では実際に根抵当権を利用して、急な出費や教育費の借入が
できるようになっている住宅ローンも開発されています。

 

不動産は多額の金銭のやり取りが発生するため、これ以外にも実に様々な
担保の方法があります。

Sponsored Link
Sponsored Link

サイト理念

不動産鑑定士とは

他資格との比較における難易度

ダブルライセンスのメリットとは

不動産鑑定士の年収は

不動産鑑定士試験を突破するには

不動産の基礎知識の情報館

不動産の法務局調査

不動産取引の流れ

不動産価格の査定の実務

不動産取引に必要な融資の基礎知識