不動産鑑定士 ダブルライセンス

不動産鑑定士とのダブルライセンス保持者のメリットはなに?

Sponsored Link

不動産鑑定士とのダブルライセンス保持者のメリットは、どこにあると思いますか?

 

不動産鑑定士という職業は国家試験の合格率が2〜3%という超難関の国家資格です。
そんな難しさも手伝って現在日本の不動産鑑定士の人数は7,700人余りで、弁護士の
人数の2割強の人数という少なさです。

 

不動産鑑定士の人数が少ない事は、その職業の知名度の低さもあるようですが地盤が無い事には
なかなか仕事の依頼が来ないという難しい職種でもある事で、中には経営が大変という
不動産鑑定事務所もあるのではないでしょうか。

 

もっとも地価公示や固定資産税、路線価等国の仕事もある為に、全く仕事がない
という事は無いようです。

 

それでも少しでも多くの顧客を獲得して順調に事務所の経営をするには、色々な方法を
考えなくてはなりません。
その方法の一つには不動産鑑定士 ダブルライセンスという事もあるでしょう。

 

実際に不動産鑑定士として事務所を構えながらも、もう一つの資格職業として税理士の
事務所を併設している人もいるようです。

 

不動産鑑定士とのダブルライセンスのメリットとは、どちらかの仕事が来ない場合でも、
もう片方の仕事の依頼が来る可能性も有るという事かもしれません。

 

また、一つの職業が経営として成り立たない場合でも、もう一つの兼業が稼働していれば
そのリスクに対して、保険にする事ができるというメリットがあります。

 

また不動産鑑定士 ダブルライセンスでは前述のような保険という事だけではなく、
相乗効果としてもメリットがあります。

 

特に不動産鑑定士 ダブルライセンスとして税理士との兼業によって、相続税にまつわる業務では
どちらの資格も持っている事で顧客の信頼度が格段にアップする事でしょう。

 

相続税の申告・納付には相続が決まってから10カ月以内に手続きをする必要がありますが、
相続税の税額を算出する際に相続する全財産を明らかにする必要があります。

 

その場合には相続する不動産についても評価額が重要になるので、そこは不動産鑑定士の
出番となり、実際に鑑定が済めばそこからは税理士の役目という事になります。

 

 

不動産鑑定士が出した不動産の評価額を使って相続税申告の計算をする事ができるので、
本来ならば別々の事務所に依頼をするところが1つの事務所に依頼をするだけで済むという
依頼人の利便性もあります。

 

このように1人が二役出来る事の相乗効果は大きいでしょう。
どちらかの資格を持っている事で本来は何も仕事が無かったという場合にも
依頼の仕事をする事ができます。

 

不動産鑑定士 ダブルライセンスはそのどちらかの職業が経営が成り立たない状況でも、
もう一つの職業で事務所を維持して行く事もできます。

Sponsored Link

不動産鑑定士とのダブルライセンス保持者のメリットはなに?記事一覧

不動産鑑定士と宅建ではどちらを持っていて即戦力になるか?

不動産鑑定士と宅建は不動産業を希望している人にとっては取得することによって就職活動における優位度は、資格の無い人に比べたら雲泥の差と言えるほど変わってきますので、是非とも取得しておきたい資格とも言えます。しかし、いざ不動産会社に面接に行くとなるとどちらの資格が面接先にとって必要な資格かと言われると、...

 

不動産鑑定士と公認会計士のダブルライセンス メリットは?

不動産鑑定士と公認会計士のダブルライセンスの保持者はどのようなメリットがあると思われますか?まず、不動産鑑定士とはどのような職業かご存知でしょうか。不動産というのは景気などによって大きく作用され値段が大きく変わるものであることは多くの人が知っていることでしょう。しかし、その値段を鑑定するためには多く...

 

不動産鑑定士と税理士のダブルライセンス メリットは?

不動産鑑定士と税理士のダブルライセンスの保持者はどのようなメリットがあると思われますか?不動産鑑定士とは、不動産の鑑定評価を行うことであり、それが主たる仕事とも言えます。不動産の鑑定評価とは、地域分析及び個別分析を行って、「不動産の有効な土地利用」を適正に判定します。その過程を経て、「適正な不動産の...

 

不動産鑑定士と司法書士のダブルライセンス メリットは?

不動産鑑定士と司法書士のダブルライセンスの保持者はどのようなメリットがあると思われますか?不動産鑑定士は、地域の環境や諸条件を考慮して「不動産の有効利用」を判定し、 「適正な地価」を判断します。つまり、不動産鑑定士は、不動産の価格についてだけでなく、不動産の適正な利用についての専門家でもあります。こ...

 

不動産鑑定士と行政書士のダブルライセンス メリットは?

不動産鑑定士と行政書士のダブルライセンスの保持者はどのようなメリットがあると思われますか?不動産鑑定士は、適正な不動産価格を把握することで、不動産に関連する取引や交渉を円滑化し、大切な資産の有効活用を図り、不動産活用のさまざまな課題を「鑑定評価」を通して解決へ導きます。また、相続税法の改正により、鑑...

 

不動産鑑定士と土地家屋調査士とのダブルライセンス はどう?

不動産鑑定士と土地家屋調査士のダブルライセンスの保持者はどのようなメリットがあると思われますか?不動産鑑定士とは、公認会計士試験と並んで3大国家試験の一つと言われています。あなたの周りにでも、あまり聞かないと思いますが、相続税路線価評価、固定資産税評価、公示価格、基準地価格の評価など、不動産の鑑定評...

 

不動産鑑定士とマンション管理士のダブルライセンス 長所は?

不動産鑑定士とマンション管理士のダブルライセンスの保持者はどのようなメリットがあると思われますか?不動産鑑定士の資格試験では、短答式試験と、論述式試験に分かれており、前者は5月前後が試験日受験料7000円台、後者は8月前後が試験日、受験料8000円台、平均学習時間は2000時間程度となっています。活...

 
Sponsored Link

サイト理念

不動産鑑定士とは

他資格との比較における難易度

ダブルライセンスのメリットとは

不動産鑑定士の年収は

不動産鑑定士試験を突破するには

不動産の基礎知識の情報館

不動産の法務局調査

不動産取引の流れ

不動産価格の査定の実務

不動産取引に必要な融資の基礎知識