不動産鑑定士 行政書士 ダブルライセンス

不動産鑑定士と行政書士のダブルライセンス メリットは?

Sponsored Link

不動産鑑定士と行政書士のダブルライセンスの保持者はどのようなメリットがあると思われますか?
不動産鑑定士は、適正な不動産価格を把握することで、不動産に関連する取引や交渉を円滑化し、
大切な資産の有効活用を図り、不動産活用のさまざまな課題を「鑑定評価」を通して解決へ導きます。

 

また、相続税法の改正により、鑑定評価により今後相続税を支払わう必要のある方が増加すると
見込まれています。

 

その際にも、不動産鑑定士は公平な相続財産の分配を支援します。
相続のとき、一番問題になるのが土地・建物の適正な価格です。

 

鑑定評価を行うことにより、公平な相続財産の分配ができ、結果として親族間の紛争防止にも
つながります。

 

一方、行政書士は、行政書士法に基づき、行政機関等に提出する書類及び権利義務・事実証明に
関する書類の作成の代理等を業とする国家資格です。

 

ひと昔前は代書屋などと呼ばれ、他士業と比べると社会的地位も低く、「宅建よりは難しい」程度のレベル
でしたが、平成17年度行政書士試験から難易度が格段に上がり、今日では新司法試験よりも難しいのでは?
とまで言われるまで地位の上がった国家試験となりました。

 

まず、不動産鑑定士と行政書士について勉強のスケジュールについてですが、まず行政書士を
取得した後に不動産鑑定士を目指すべきなのか、来年5月に不動産鑑定士短答式受験後、
11月の第2日曜日に行政書士試験というスケジュールでも可能なのかという問題が立ちはだかります。

 

不動産鑑定士の論文試験が対応できるほどのレベルで民法をマスターしていれば、行政書士試験レベルの
民法は楽にクリアできるようです。

 

行政書士試験の合格ライン180点/300点のうち約40%は民法が占めるので、合格への大きな要因と
なるようです。

 

ただ、不動産鑑定士の短答試験の勉強だけでは、行政書士試験の助けにはならないと言う意見も
見受けられます。

 

働きながらであれば、難しいかとは思いますが、勉強時間を確保できるのというのであれば、短答試験後
6ヶ月での合格も可能ではないかと、個人的には考えるのですが、結構大変かもしれません。
次に両者の資格を取得するにあたってのメリットについて考察したいと思います。

 

行政書士の仕事で相続や離婚などに起因する法律問題で、「不動産」がよく登場します。
となると、不動産の売却や譲渡などにより、「不動産価格」が問題となることが多いため、
不動産鑑定士としての知識が生かされることになります。

 

私個人の考えですが、先にお話したことがメリットなるのであれば、やはり独立開業するすることを
希望する方が両資格の取得をめざすべきと考えます。

 

仮に就職や転職する場合でしたら、行政書士の資格を保有していることはプラス材料になるのでしょうが、
ただ、それだけで資格手当が何万円も支給される会社は少ないと言えます。
それよりもこの人は将来独立して、退職するのではないかと疑われることにもなりかねません。

 

不動産鑑定士の場合は、金融機関や不動産会社、デベロッパーなどで勤務しながらでも役に立つ
資格ですので、行政書士ほどマイナスにはならないかと思います。

 

以上より、この点でも不動産鑑定士の知識は行政書士試験でのアドバンテージになることが
お分かりになったかと思います。

 

結局、不動産鑑定士や行政書士というダブルライセンスを目指すことは、個人で複数の専門を
持つのではなく、それぞれ専門特化した一流の専門家が、情報や自分の理念を大切にすることが
寛容です。

 

そして、一流の専門家として、クライアントに一流のサービスを、リーズナブルに、継ぎ目なく
提供しようとするところに存在意義があると思っていますが、いかがでしょうか?

 

Sponsored Link
Sponsored Link

サイト理念

不動産鑑定士とは

他資格との比較における難易度

ダブルライセンスのメリットとは

不動産鑑定士の年収は

不動産鑑定士試験を突破するには

不動産の基礎知識の情報館

不動産の法務局調査

不動産取引の流れ

不動産価格の査定の実務

不動産取引に必要な融資の基礎知識