不動産鑑定士 宅建

不動産鑑定士と宅建ではどちらを持っていて即戦力になるか?

Sponsored Link

不動産鑑定士と宅建は不動産業を希望している人にとっては取得することによって
就職活動における優位度は、資格の無い人に比べたら雲泥の差と言えるほど
変わってきますので、是非とも取得しておきたい資格とも言えます。

 

しかし、いざ不動産会社に面接に行くとなるとどちらの資格が面接先にとって
必要な資格かと言われると、その面接先に状況によっても異なります。

 

その中でも宅建取得者は不動産会社には必ず必要な存在ですので会社を
立ち上げて間もない会社や、宅建取得者が退職した会社などはすぐにでも欲しい
人材です。

 

なので、その様な会社の面接であれば宅建取得のアピールは
とてつもなく大きなセールスポイントになりますのでそれを活かさない点は有りません。

 

一方不動産鑑定士は業務の内容的には物件の仲介や買取を主に行っている
不動産会社には必要な存在ですので、最近では不動産投資や仲介賃貸なども
増えてきていますので投資物件に力を入れている会社には大きなセールスポイントになります。

 

現在の空家率の高さから考えたらこれから不動産鑑定士の需要もどんどん高まってくるのも
間違い有りませんが、即戦力までいくかと言えばそこまで言い切れないのが現在の状況です。

 

それに比べて宅建は不動産会社に入社してから取得する人もいる位どこの会社でも
需要の高い資格ですので、面接の時点で取得しているとなれば不動産会社にとっては
資格取得の為の支援も必要ありませんので、入社した時点で大きな戦力になるのは間違い有りません。

 

そして仕事をしながら不動産鑑定士の資格を取得出来れば、将来的に独立を
考えている人にとっては大きな武器になるでしょう。

 

法律でも不動産業を始めるには5人辺り最低一人の宅建主任者を配置する様に
定められているのに対し、不動産鑑定士には専任の鑑定士が一人いれば要件を満たすので、
付加的能力としての資格取得は大きな武器になります。

 

ただ、即戦力となると資格取得者の少ない不動産会社にとっては明らかに
宅建資格取得者は大きな魅力が有ります。

 

不動産業で生活していくのを希望するのであれば、やはり宅建の資格から取得して
仕事をしながら不動産鑑定士を取得していけば、その時点で働いている会社にとっても
大きな財産になります。

 

そして、将来、不動産鑑定士として独立する時にも大きな武器になるのは間違い有りませんので、
不動産業を希望するのであればまずはとにかく宅建主任の資格は取得しておけば採用の確率も
大きく上がるのは間違い有りません。

 

Sponsored Link
Sponsored Link

サイト理念

不動産鑑定士とは

他資格との比較における難易度

ダブルライセンスのメリットとは

不動産鑑定士の年収は

不動産鑑定士試験を突破するには

不動産の基礎知識の情報館

不動産の法務局調査

不動産取引の流れ

不動産価格の査定の実務

不動産取引に必要な融資の基礎知識