不動産鑑定士 土地家屋調査士 ダブルライセンス

不動産鑑定士と土地家屋調査士のダブルライセンス メリットは?

Sponsored Link

不動産鑑定士と土地家屋調査士のダブルライセンスの保持者はどのようなメリットがあると思われますか?
不動産鑑定士とは、公認会計士試験と並んで3大国家試験の一つと言われています。

 

あなたの周りにでも、あまり聞かないと思いますが、相続税路線価評価、固定資産税評価、
公示価格、基準地価格の評価など、不動産の鑑定評価として、実は一般生活に密接な
関連性が高い資格なのです。

 

不動産鑑定士が行う仕事としては、既述したとおり国や都道府県が行う地価公示や地価調査などの
公的評価、その他個人や法人が不動産を売買、賃貸借等する場合に客観的な適正価格が知りたい
場合やコンサルティングをしてほしい場合に不動産を鑑定したりアドバイスしたりする仕事なども行ないます。

 

一方、土地家屋調査士は、不動産鑑定士が「不動産の経済的価値」判断に基づく業務であるのに対して、
「不動産の物理的現況」判断に基づく業?務であると言えます。

 

具体的には@不動産表示の登記について必要な土地と家屋に関する調査と測量?、A不動産表示の
登記について、申請手続や審査請求の手続代理、?不動産表示の登記の申請手続と審査請求の手続に
ついて法務局等に?提出し提供する書類等の作成が土地家屋調査士の主な業務です。

 

またB土地の筆界を原因とする民事に関する紛争に係る民間紛争解?決手続の代理や相談業務
なども行います。

 

以上よりまとめますと、「不動産表示登記」についての「土地と家屋に関する調査と測量」「申請手続と
これに伴書類等の作成」が具体的な業務の柱となります。
次に両者の資格を取得するにあたってのメリットについて考察したいと思います。

 

不動産鑑定士と土地家屋調査士ですが、各々、弁護士・司法書士や公認会計士・税理士のように
資格者の増員傾向が低い業種と言えます。
したがって、努力に比して比較的収入が見込める士業かと思います。

 

もっとも、最近では少し厳しい意見なども聞くようになりましたが。
調査士業務について言えば、初期投下資本が数百万必要です。

 

測量器具などを全部リースにしたとしても金融公庫や親族から援助してもらわないと開業しにくいそうです。
業務について全体のパイは減少傾向にあり、これからの日本の将来を考えると同様の傾向で推移していく
ものと予測されます。

 

国民の権利意識が高まっていることから、新しい業務を開拓できる分野もあると考えます。
不動産鑑定士は会計基準が国際化され、時価会計が採用(土地再評価法)されてきているので、
不動産鑑定士の新たな業務として期待されています。

 

また、資産価値もストックと考えられてきたのが企業ではフローと考える傾向も高まっています。

 

土地家屋調査士については、平成18年から導入された境界鑑定制度により、一部上場企業までもが、
売却予定の無い土地まで土地境界確定を進めて売却がスムーズにできる準備をしているとの話も聞いた
ことがあります。
このように、どちらの資格もコンサル業務まで行わないと、安定した収入を得ることはむずかしくなるのが
現実です。

 

私の周りでは、不動産鑑定士と土地家屋調査士のダブルライセンスを保有している方はあまり
見受けられませんが、土地などの売却をする際に、隣接土地所有との間で、境界について
揉めている方がいれば、境界鑑定を行い、その後、適切な不動産価格まで提示することができると、
各々の資格は役に立つのではないかと思います。

 

実際、不動産鑑定業務を行っていると、土地の境界確定が曖昧なことが多く、評価の対象となる
不動産を確定することが困難となる状況によく出くわすことがあるかと聞きます。
その際に、不動産鑑定士が相談するのが、土地家屋調査士です。

 

また、土地を分筆(ひとつの土地を2以上の筆に分けること)する際には、土地家屋調査士が行うことに
なりますが、ただ土地を分筆するのではなく、不動産鑑定士の知識を生かして、どのようにすれば土地の
価格や価値が上がるのか、そして有効利用することができるのかということまでも判断できるようになります。

 

以上より、この点から考慮しても、不動産鑑定士の知識は土地家屋調査士試験でのアドバンテージに
なることがお分かりになったかと思います。

Sponsored Link
Sponsored Link

サイト理念

不動産鑑定士とは

他資格との比較における難易度

ダブルライセンスのメリットとは

不動産鑑定士の年収は

不動産鑑定士試験を突破するには

不動産の基礎知識の情報館

不動産の法務局調査

不動産取引の流れ

不動産価格の査定の実務

不動産取引に必要な融資の基礎知識