不動産鑑定士 税理士 ダブルライセンス

不動産鑑定士と税理士のダブルライセンス メリットは?

Sponsored Link

不動産鑑定士と税理士のダブルライセンスの保持者はどのようなメリットがあると思われますか?
不動産鑑定士とは、不動産の鑑定評価を行うことであり、それが主たる仕事とも言えます。

 

不動産の鑑定評価とは、地域分析及び個別分析を行って、「不動産の有効な土地利用」を
適正に判定します。

 

その過程を経て、「適正な不動産の価格」を判断する、専門家であり、不動産鑑定士の仕事は
地域社会の生活や経済にも

 

大きな影響を与える業務なだけに、社会的な責任も重くて公正な判断を必要とします。
なので、幅広い知識と高度な技能が必要となってきます。
一方、税理士は、不動産鑑定士試験と同様に難関な資格の一つでです。

 

税理士とは、税務に関する専門家として、独立した公正な立場において、申告納税制度の理念に
そって、 納税義務者の信頼にこたえ、租税に関する法令に規定された納税義務の適正な実現を
図ることを使命としています。

 

国家試験は年齢とともに取得が大変になることは周知の通りであり、税理士試験においても、
例えば30歳から始めると、全力で長い期間取り組まないと合格へは、「いばらの道」が待っている
ばかりか、取得するのに何年かかるかわかりません。

 

税理士試験を本気で狙うかどうかは、あきらめずに最後まで継続して、頑張ることができるかどうかで
判断する必要があると思います。

 

不動産鑑定士と税理士のダブルライセンス取得のメリットとしては、相続資産税の分野については、
不動産鑑定士の専門知識と、税理士の専門知識があれば、相乗効果が活かせる為、その分野に
特化すれば相当なメリットがあります。

 

相続税の土地の評価をきちんとできる税理士は決して多くはないそうです。
逆に言うと、相続税の土地評価以外はほとんどかぶる部分がないのではと私個人的には思っています。

 

仮に、「相続資産税専門型事務所」として開業した場合、不動産鑑定士とのWライセンス保持者は
相当な差別化を図ることができます。

 

一般的な話として、相続関連業務は単価が大きい為、それだけ税理士が受け取る報酬も多額に
なるそうです。

 

毎月、数社から小額の会社の顧問料等を受け取るよりも大きな収入が期待できる可能性が高いことから、
この分野に特化することができたなら、会社の顧問料と比較して大きい売り上げを、少ない労力で計上でき、
下世話な言い方をすれば「おいしい業務」のひとつとなります。

 

昨今の相続税の改正により、納税する相続人の数が増加するのは間違いなく、この点からもメリットを
享受できる根拠になると言えます。

 

先見の明を持つ?税理士・不動産鑑定士のWライセンスを保有する方で、実際にその分野に特化し、
格段の成功を収めている資格者がおられるのは事実です。

 

ただ 税理士の資格単独であっても、税理士業務だけの仕事は当然できますが、やはり業務の幅を
広げるためには、税理士と親和性の高い不動産鑑定士のような他資格を取得し、ダブルライセンスや
トリプル資格で仕事をしたほうが相乗効果を生み出せる可能性が高まります。

 

税理士の登録者数が7万人を超え、無試験で税理士になれる公認会計士や弁護士の数が相当増えて、
経営環境が悪化する昨今、他と差別化をはかるためにもやはり税理士資格一つよりは、
何か相性がいい資格と組み合わせて営業したほうが、顧客にとっていいサービスができると考えます。

 

また、不動産鑑定士業界は、リーマンショック以来の不動産不況、金融の状態、大手鑑定事務所への
寡占が顕著となりつつあり、その大手ですら仕事が減っていることを考えると、厳しい状況であることは
否めません。

 

このような状況を打破するためにも、まずは不動産鑑定士の資格を取得し、その専門性を高めたうえで、
業務の親和性が認められる税理士とのダブルライセンスを目指されるとよいでしょう。

Sponsored Link
Sponsored Link

サイト理念

不動産鑑定士とは

他資格との比較における難易度

ダブルライセンスのメリットとは

不動産鑑定士の年収は

不動産鑑定士試験を突破するには

不動産の基礎知識の情報館

不動産の法務局調査

不動産取引の流れ

不動産価格の査定の実務

不動産取引に必要な融資の基礎知識