民法 建物 定義

民法で建物の定義とは?

Sponsored Link

民法で建物の定義とはどのように規定されているのでしょうか?

 

「建物」と認められる条件は?

 

建物を定義する土地と言われるのは地球のグラウンド以外の何ものでもありませんが、
では建物というのは果たして何でしょうか。
建物については、法律上いくつか定義が見受けられます。

 

そのひとつである建築基準法の第二条には、
「土地に定着して、屋根と、柱または壁のどちらかがあるもの」が建築物と定義されています。

 

また、不動産登記法でしたらもう少し詳細に、
「@屋根と壁など外と隔てるものがありA土地に定着し
B用途(住む、保管するなどの使い方)があるもの」
と規定されています。

 

これ以外に、税法や会計上の建物の定義も見られるのです。
いずれも同じようなものといえますから、不動産の実務では、建物とは、
「屋根」「柱か壁」「地面に定着」の三つを充足してくれるかどうかを
以って判断すれば良いと思います。

 

【これは建物?】

 

不動産にまつわる仕事で働いていると、建物かどうか判定に頭を抱えてしまうケースが
しばしばでます。

 

実務でしたら、判断に思い悩んだ時は建築基準法を参照しながら判断すれば、
いろいろ便利なことが多く見受けられます。

 

@門・塀・生垣建物に付属する門・塀は建物だと考えられます。
しかし、生垣は建物とは違うのです。

 

A犬小屋屋根と壁はあっても土地に定着していませんから(持ち運べる)、建物ではない
と考えます。

 

B車庫・自転車小屋・物置車庫と自転車小屋はれっきとした建物となります。
スチール製の物置は、地面に置いてあるだけだとしても建物とされることが
多いようです(自治体の考えによる)。

 

Cパーゴラパーゴラと申しますのは、庭にあるぶどう棚・藤棚と呼ばれる植物を絡ませる棚です。
こういった屋根が付いておらず、雨露がそのまま地面に落ちてくるものは建物ではないのです。

 

ひとたび建物として取り扱われると、建築基準法の様々な規定を遵守する必要がありますし、
固定資産税についても支払わされる結果に陥ります。

 

このことから言えることは、不動産に関心がある人であるのなら、目の中に飛び込んでくるものが
建物かそうでないのかの見極めを誤らないことは、とても大事になってきます。

Sponsored Link
Sponsored Link

サイト理念

不動産鑑定士とは

他資格との比較における難易度

ダブルライセンスのメリットとは

不動産鑑定士の年収は

不動産鑑定士試験を突破するには

不動産の基礎知識の情報館

不動産の法務局調査

不動産取引の流れ

不動産価格の査定の実務

不動産取引に必要な融資の基礎知識