不動産登記法 地目 種類

不動産登記法の地目の種類はどのようなものがあるの?

Sponsored Link

不動産登記法の地目の種類はどのようなものがあるのでしょうか?

 

【土地というのは、どういったことに利用されているか?】

 

「地目」と申しますのは、土地の利用され方を一括りにして表現したものとなります。
登記簿に登録されている地目というのは不動産登記法に規準して、「田」「畑」「宅地」
など数種類と決められているわけです。

 

いくつか具体的にいうと、次に挙げるようなものです。

 

@「宅地」建物の敷地です。家は言うまでもなく、ビル、車庫、納屋といったものが建っている
  土地は宅地となるのです。

 

A「田」用水を利用して耕作する土地であります。
  コメだけに限らずレンコンなどを作っている土地であるとしても、用水を利用しているのであれば
  地目は「田」となります。

 

B「畑」用水を使わないで耕作する土地と言えます。

 

C「山林」竹や木が生育する土地を言います。

 

D「原野」雑草・灌木(高さの低い木のこと)が生育する土くさむら地です。
  草原や診蒼とした叢のイメージです。
  人の手を加えずに自然のまま存在する土地です。

 

E「雑種地」建物がない土地で、主に駐車場、資材置場などを指していますが、実際のところは
他の多種の地目のいずれにも当てはまらないものを総称して雑種地と言っているのです。

 

【登記簿が必ずしも間違いはないとは限らない】

 

登記簿に登記する地目は、さしあたっては、登記官が判定して確定させることになっているのですが、
長い年月がたつうちになんだかんだと変貌を遂げていくことだってあります。

 

ひとつの例として、畑を整地して建物を建築するとします。
すると登記簿は「畑」のままでも、実際は「宅地」に変わります。

 

また最初は「宅地」として登記されても、放置したままにしておくと長年に及ぶ間に建物が
崩れ朽ち果てて、「宅地」から「雑種地」に変化しますし、さらに放置すれば草が生い茂って
「原野」へと移り変わると思われます。

 

しかし相も変わらず登記簿は「宅地」のままです。

 

そのようなときは、登記簿に記載されている地目を「公簿地目(登記地目)」、現在の状態を
「現況地目」と言って区別しているのです。

 

この例に関わらず、不動産を利用する上では、実際の状態と書類に記載してあることに
相違がある場合が往々にして見受けられます。

 

何はともあれ法務局で情報を集め、書類を把握することも大切ですが、それだけではなく実際に
現地に赴いて、ご自身の目で確認することも必要だと言えます。

Sponsored Link
Sponsored Link

サイト理念

不動産鑑定士とは

他資格との比較における難易度

ダブルライセンスのメリットとは

不動産鑑定士の年収は

不動産鑑定士試験を突破するには

不動産の基礎知識の情報館

不動産の法務局調査

不動産取引の流れ

不動産価格の査定の実務

不動産取引に必要な融資の基礎知識