不動産鑑定士になるには

不動産鑑定士になるために 勉強法の概要を紹介します!

Sponsored Link

不動産鑑定士になるには不動産鑑定士の試験に合格し、実務修習を修了する必要があります。
不動産鑑定士になるにはまず「短答試験」と「論文試験」を合格をしなければなりません。
どちらも年に1度行われ、短答試験に関しては1度合格すると2年間免除されます。
短答試験の内容は、鑑定理論と行政法規の2科目となります。

 

鑑定理論の勉強法は、鑑定評価基準の原文を4回ほど読み返せば十分です。
その代わり、「総論5・6・7章」と「各論1章」をしっかりと覚える必要があります。
そのなかにある農地・林地などはあまり覚える必要がありません。
これらを踏まえて不動産業に携わっていない人でも内容を把握しやすい読み方があります。

 

まずは「総論8章」を読み「総論9章」を読みます。
これは不動産鑑定についてイメージをしっかり固めるためです。
すると他の章の内容が頭に入りやすいからです。
次に「総論2章」、次に「総論5章」、次に「総論7章」を大まかに把握します。

 

そして「各論1章」を理解します。
上記に書いた6章分を把握していると、試験問題の半数以上を占めているので、
これらの6章分をしっかり覚えます。
それ以外の章は2回目以降に読み、全体を把握します。

 

行政法規の勉強法は、過去問題によく出る法令だけを集中して取り組むと
問題分の半数をカバーすることになります。
また、都市計画法や建築基準法などの暗記は難しいので、語呂合わせを活用した
宅建のテキストを利用する方が効率的です。

 

過去問題だけでは不安であれば、「建築基準法」「都市計画法」「土地区画整理法」
「都市再開発法」「不動産の鑑定評価に関する法律」の5点を重点的に把握します。
この5点は過去問題をしているとわかることなのですが、この範囲が特に問題として出題されているからです。

 

余裕があれば「土地基本法」「地価公示法」「国土利用計画法」を理解して下さい。
仕事として不動産鑑定士になるには必要な法律だからです。
上記の試験に合格したら次に不動産鑑定士になるには論文試験を受けます。

 

対処法は民法、経済、会計、鑑定理論、鑑定理論のそれぞれが6割ほど合格ラインに持っていくことです。
そして試験の時間内に聞かれている事を理解し、解答を組み立て、組み立てた解答を
しっかり書き記すことが重要です。
「実務修習」は最短で1年間で修了できます。
講義、基本演習、実地演習を受け習得確認されると修了考査に入ります。

 

修了考査には質問形式の口述を受け、事前に出されている課題についての論文を作成します。
実務修習は最低限の準備や対応と礼儀などを気を付けていれば合格します。

 

不動産鑑定士になるにはこれらの勉強方法で初心者でも初めていただけると思いますし、
ぜひ合格に向けて取り組んでください!

 

Sponsored Link

不動産鑑定士になるために 勉強法の概要を紹介します!記事一覧

不動産鑑定士の役割を知りたいんです。その有用性とは?

不動産鑑定士の役割やその有用性を知りたくありませんか?不動産の鑑定評価は現在の日本経済の中でも特に重要な価値を持つ業務です。不動産鑑定士はそうした不動産にまつわる業務の一つとして存在をしていますが、その役割に冠する社会的な認知はさほど大きいわけではありません。では、不動産鑑定士はどのような役割を持つ...

 

不動産鑑定士補とは 旧試験制度の二次試験合格者の取扱いは?

不動産鑑定士補とはどのようなものなのか、また、旧試験制度の二次試験合格者の取扱いはどうなるのか、疑問に思われている方はいらっしゃいませんか?不動産鑑定士補とは、簡略的に言えば不動産鑑定士の一歩手前の状態で、その不動産鑑定士になるための条件をみたすものをいいます。不動産鑑定士補とはまず、不動産鑑定士を...

 

不動産鑑定士は大学にいって取得をめざすべきでしょうか?

不動産鑑定士は大学にいって取得をめざすべきだと思われますか?あなたは不動産鑑定士という資格をご存知でしょうか。不動産に関係する仕事についている人には有名な資格ですが、一般の人にはあまりなじみのない資格かもしれません。不動産鑑定士という資格は不動産の価値の鑑定を行うことができる唯一の資格です。つまり、...

 

不動産鑑定士ってなんで人数が少ないんですか?

不動産鑑定士の資格者の人数はどのくらいいるのかご存知でしょうか?国家試験には様々な試験がありますが、その中でも難易度が高いと言われる国家試験の1つに不動産鑑定士試験があります。その試験に見事に合格をし既定の段階を経て晴れて不動産鑑定士として登録をしている方の人数は平成24年1月の時点では7,767人...

 

不動産鑑定士の主管である国土交通省の売買情報アンケートとは?

不動産鑑定士の主管である国土交通省から、不動産の売買情報のアンケートが自宅などに送られてきたことはないでしょうか?不動産は現代の日本でも高額の財産として扱われており、日本国内では住宅や土地といった形で売買がされています。この売買は基本的に事業者と個人、もしくは法人の間で契約を結ぶものとなりますが、中...

 

不動産鑑定士の将来性 景気に左右されにくい業種?

不動産鑑定士の将来性はどのようなものなのでしょうか?不動産鑑定士は不動産に関する価値決定のプロとして、日本に必要不可欠な存在です。実際に不動産鑑定士を名乗るには国家資格試験を通過する必要があり、その合格率は毎年7〜13%程度と非常に低い割合となっている「難関国家資格」のひとつです。獲得するまでには必...

 

不動産鑑定士は独立できる資格なのでしょうか?

不動産鑑定士は独立できる資格だと思われますか?不動産鑑定士は不動産の価格評価に携わるプロです。実際にこの資格を名乗るには国家試験に合格することが必要不可欠であり、現在存在している不動産鑑定士はどのような人であっても受験者のうち2〜3%程度しか合格できないという狭き門をくぐってきた人々です。この資格と...

 

不動産鑑定士の資格取得後の生かし方はこちらです。

不動産鑑定士の資格取得後の活かし方に興味を持たれる志望者の方は多いと思います。不動産鑑定士は日本国内で定められる国家資格の中でもかなり難易度の高いものとなっています。不動産が有している価値を判断し、決定するという不動産鑑定市業務は日本の税制度や法制度の中でなくてはならないものです。またそれぞれの不動...

 

不動産鑑定士試験を働きながら独学で取得することは可能?

不動産鑑定士の資格を、働きながら独学で取得することは可能でしょうか?資格専門学校では、よく聞かれる質問だそうです。近年では多くの人が自らが働きながら他の仕事に関係する資格を入手するようになっています。その理由としてはいくつか挙げることができます。一つ目として、資格を入手することで自らの見識を広げるた...

 

不動産鑑定士の取得は法学部?経済学部?近道はどっち?

不動産鑑定士の資格を取ろうと思ったら法学部と経済学部どっちが近道だと思れますか?受験志望者の方からよく聞かれる質問です。結論から申し上げるのなら、不動産鑑定士になりたいのであれば学部は法学部か経済学部かのどちらかがよいでしょう。実際に私の周りにいらっしゃる不動産鑑定士は、両学部を卒業されている方が多...

 

不動産鑑定士として鑑定業界へ転職するには?

不動産鑑定士として鑑定業界へ転職するにはどうすればいいのか、またどのような条件が必要なのか知りたい試験志望者や試験合格者の方で多いと思います。ただ、忌憚なく申し上げると、不動産鑑定業界の今は不況です。おそらく今年の受験者数も減少していたのではないでしょうか。不動産鑑定士に魅力を感じ、資格取得を目指す...

 

定年後の行方 退職後の不動産鑑定士として独立は難しいか?

不動産鑑定士として定年退職後、独立することは難しいのでしょうか?あなたは新聞や雑誌等などで不動産鑑定士は地価公示等の公的評価があるから不況時でも安定している、という話を読んだことはありませんか。だから独立開業も可能なんだとか。2014年以降は多くのいわゆる「団塊世代」の人が定年退職者になっています。...

 
Sponsored Link

サイト理念

不動産鑑定士とは

他資格との比較における難易度

ダブルライセンスのメリットとは

不動産鑑定士の年収は

不動産鑑定士試験を突破するには

不動産の基礎知識の情報館

不動産の法務局調査

不動産取引の流れ

不動産価格の査定の実務

不動産取引に必要な融資の基礎知識