不動産鑑定士 大学

不動産鑑定士は大学にいって取得をめざすべきだと思われますか?

Sponsored Link

不動産鑑定士は大学にいって取得をめざすべきだと思われますか?
あなたは不動産鑑定士という資格をご存知でしょうか。

 

不動産に関係する仕事についている人には有名な資格ですが、一般の人には
あまりなじみのない資格かもしれません。
不動産鑑定士という資格は不動産の価値の鑑定を行うことができる唯一の資格です。

 

つまり、不動産の鑑定に関しては独占的に業務を行うことができるという資格です。
ご存知の通り、不動産の値段というものはその地域の経済状況などによって大きく変わります。

 

そのため、不動産鑑定士には、不動産に関する知識は当然として、経済に関する知識や
法律に関する知識、会計に関する知識など様々な知識が要求される仕事です。

 

また官公庁などの公的な機関で働く場合には、地価や路線価などを決定する仕事を
行うようになり、その鑑定額が社会の不動産売買や金融機関の融資の際の評価につながるため、
社会的な責任や影響力が非常に大きい仕事ということができます。

 

しかし、その分やりがいを感じることができる仕事であることに間違いはありません。
この不動産鑑定士の資格は非常に専門性が高い資格であり、難易度は非常に高いものとなっています。
資格試験に合格し、その後の講習をすべて修了することで資格を取得することができます。

 

受験資格に学歴などは必要ではないため、誰でも受験することは可能ですが幅広い知識が
必要となるため独学での合格は難しいというのが現状です。

 

そのため、大学や短期大学、専門学校などを利用して受験する人が多いのが現状です。
多くの人は資格取得のための資格スクールのようなものを利用して取得を目指している人が多いです。

 

大学から資格取得を目指す場合には、授業において不動産学や経済学、法律、会計などの分野の
勉強をしておくと試験の内容に直結するため、資格取得の際には有利に働きます。

 

しかし、多くの大学は不動産鑑定士の資格取得を目指すためのカリキュラムとはなっていないため、
在学中に資格取得できることは少ないのが現状です。

 

多くの場合は大学の在学中から勉強を始め、不動産に関係する会社などに就職し、
就職後に資格を取得するというのが一般的な流れとなっています。

 

この不動産鑑定士という資格は取得が難関であるということもあり、社会における需要が
非常に高い資格となっています。

 

さらに、不動産の会計方法が今後変わることが予想され、その際にはこの資格への需要は
さらに大きくなることが予想されています。
将来の安定性が高い資格ということができます。

Sponsored Link
Sponsored Link

サイト理念

不動産鑑定士とは

他資格との比較における難易度

ダブルライセンスのメリットとは

不動産鑑定士の年収は

不動産鑑定士試験を突破するには

不動産の基礎知識の情報館

不動産の法務局調査

不動産取引の流れ

不動産価格の査定の実務

不動産取引に必要な融資の基礎知識