不動産鑑定士 働きながら

不動産鑑定士試験を働きながら独学で取得することは可能?

Sponsored Link

不動産鑑定士の資格を、働きながら独学で取得することは可能でしょうか?
資格専門学校では、よく聞かれる質問だそうです。

 

近年では多くの人が自らが働きながら他の仕事に関係する資格を
入手するようになっています。
その理由としてはいくつか挙げることができます。

 

一つ目として、資格を入手することで自らの見識を広げるためです。
一般的に資格を入手するには、多くの勉強時間が必要になります。

 

その勉強時間の中において、たくさんの参考書や問題文を読み、
多くの知識を身につけることが可能になります。
特に、自らの仕事と近い場合、よりその業務に対する知識や見識は広がります。

 

そのため、自らの見識を広がるために、多くの人が資格を入手するようになっています。
それ以外の理由として、資格を入手することで、職場での評価や給与などが上昇する
ことが挙げられます。

 

一般的に資格と仕事の評価はリンクしない場合が多いとされていますが、一部の会社や
一部の業種では、資格を入手しなければ必要な地位や業務ができない場合があります。

 

例えば、公認会計士については、この仕事に就くには公認会計士試験に合格して
一定期間監査法人などで監査研修を受けなければなることができません。
それ以外の資格にもこうした傾向が強い資格があるとされています。

 

そのため、資格と仕事がリンクしたものについては、当然その資格を取得しなければなりません。
そうした資格の中で、不動産鑑定士は人気があるものとされています。

 

不動産鑑定士は、不動産に金銭価値をつける職業のことですが、この不動産鑑定士がいなければ、
経済が成り立たない一面を有しています。

 

そのため、多くの人が不動産鑑定士になりたがろうとしていますが、この仕事につくには
不動産鑑定士試験に合格しなければなることができないとされています。

 

この資格は非常に難しい資格に位置づけられており、弁護士や公認会計士、司法書士などのように
国内でも難関資格となっています。

 

一般的に、多くの人は予備校に通って資格試験に対する勉強や攻略法を学ぶのですが、
一部の人は働きながらこの資格をとろうとしています。

 

また、中には働きながら不動産鑑定試験に合格する人もいるとされているため、
不動産鑑定士試験を働きながら独学で取得することは可能という事ができます。

 

しかしながら合格率が2〜3%程度の資格であることから、時間や費用があれば予備校に通うことが
最も近道といえるのではないでしょうか。

 

そうした費用が時間がない人については、独学で働きながら合格した人の合格体験記を読んで
勉強方法を学ぶことが重要だと考えます。

Sponsored Link
Sponsored Link

サイト理念

不動産鑑定士とは

他資格との比較における難易度

ダブルライセンスのメリットとは

不動産鑑定士の年収は

不動産鑑定士試験を突破するには

不動産の基礎知識の情報館

不動産の法務局調査

不動産取引の流れ

不動産価格の査定の実務

不動産取引に必要な融資の基礎知識