不動産鑑定士 法学部 経済学部

不動産鑑定士の取得は法学部?経済学部?近道はどっち?

Sponsored Link

不動産鑑定士の資格を取ろうと思ったら法学部と経済学部どっちが
近道だと思れますか?
受験志望者の方からよく聞かれる質問です。

 

結論から申し上げるのなら、不動産鑑定士になりたいのであれば学部は
法学部か経済学部かのどちらかがよいでしょう。

 

実際に私の周りにいらっしゃる不動産鑑定士は、両学部を卒業されている方が多いです。
まず、不動産鑑定士の論文試験は民法があるので、その点では法学部にメリットがあるといえます。

 

一般的には、法律の基礎から学んで条文慣れしておいて、それから不動産鑑定士の
勉強を始めることのメリットを考えると法学部です。

 

勉強を始める前に、大学在学中に宅地建物取引主任者の資格を狙って勉強すれば、
非常に取っかかりのよいスタートを切ることができるのではないでしょうか。

 

一方、経済学、会計学なども論文試験の科目なので、その点では経済学部も有利でしょう。
不動産鑑定士試験の論文では、この経済学が苦手な受験者がとても多いので武器となる
可能性が大です。

 

ただし、法律の勉強を怠らない条件つきではありますが。
結局、私の私見ではありますが、どちらの学部でも大差はないと思います。

 

なぜかというと、不動産鑑定士の試験では、純粋な法律や経済の学問としての回答ではなく、
あくまで不動産鑑定士として実務に必要とされる知識や考え方というものが問われるため、
つまるところは、自身で専門学校や受験参考書等で勉強することになるからです。

 

したがって、どちらの学部にもメリットは認められますが、どちらの方が絶対的に良いと
いうことはできないでしょう。

 

法律のような難解で無味乾燥な文章を読むのが苦手であれば法学部、グラフや数学に
弱いのであるなら経済学部に入って、不得手な知識を克服するということも妥当では
あるでしょう。

 

法学部は、司法試験、司法書士、行政書士などのように、ダブルライセンスを狙える資格が
多いのでキャリアアップを目指す上で、その選択肢は広いかもしれません。

 

不動産鑑定士の資格は国家試験ですから、出身大学の難易などはもちろんのこと、
学歴などは関係ないと言えます。

 

筆記試験だけで済ませるわけではなく、専門家として携わるための一定の実務経験も
必要になります。

 

昨今、試験に合格して、不動産鑑定士になれたとしても、単にそれだけで生活するのは
厳しい時代に入っています。
下世話な言い方をすれば、いわゆる「バッチ」だけでは飯は食えない時代だということです。

 

近しい不動産鑑定士によると、隔たった考え方をするのではなく「常識的な人」が
不動産鑑定士として適正だと言っています。

 

不動産の鑑定評価とは常に合理的な市場を代行として、不動産の価値判断を
通して評価を行うからです。

 

特異な能力や発想力をもった人はその「常識的感覚」から遠のく可能性があるために
不向きと言わざるを得ません。

 

したがって、私のような一般人が理解できないような考えを持つ天才肌の人には
向かないのかもしれないですね。

 

あと、不動産鑑定士は法律、税務、経済等、総合的に考えて評価しなければならないので、
社会に対する公平性のようなものが必要とされます。

 

法律、会計、経済のみ優れている等のように、1点に偏っていても良い不動産鑑定士には
なれないと思います。

 

結論としては、試験合格に関してのみ捉えるのであれば、他の資格試験と同様に、
勉強を頑張るのみです。

Sponsored Link
Sponsored Link

サイト理念

不動産鑑定士とは

他資格との比較における難易度

ダブルライセンスのメリットとは

不動産鑑定士の年収は

不動産鑑定士試験を突破するには

不動産の基礎知識の情報館

不動産の法務局調査

不動産取引の流れ

不動産価格の査定の実務

不動産取引に必要な融資の基礎知識