不動産鑑定士 将来性

不動産鑑定士の将来性 景気に左右されにくい業種?

Sponsored Link

不動産鑑定士の将来性はどのようなものなのでしょうか?
不動産鑑定士は不動産に関する価値決定のプロとして、
日本に必要不可欠な存在です。

 

実際に不動産鑑定士を名乗るには国家資格試験を通過する必要があり、
その合格率は毎年7〜13%程度と非常に低い割合となっている
「難関国家資格」のひとつです。

 

獲得するまでには必ず苦労がある資格ですから、有資格者は不動産業界では
価値ある人材として認められることとなります。

 

そのため将来性も比較的優れており、宅建資格を獲得した後、ステップアップという形で
不動産鑑定士を目指す人も少なくありません。
では不動産鑑定士の将来性と、キャリアアップの可能性はどのようになっているのでしょうか。

 

まず将来性についてですが、まず間違いなく言えることとなるのが「不動産鑑定士という仕事が
不要になるということはない」ということです。

 

どれだけ経済動向が悪化したとしても、国が税制度などを維持している間は
「不動産に関する税金」を算定するために
不動産鑑定士の知識と技術は必ず必要になります。

 

加えて最近では不動産投資や家賃収入を見込んだ賃貸経営などもかなり高い人気を
持つようになりましたから、そうした中において不動産に関する価値を決定できる
不動産鑑定士の価値は上昇傾向にあります。

 

そのため不動産業界に勤めていくというのであればこの資格を持つ人の将来性は
優れているといってよいでしょう。
次にキャリアアップについてですが、不動産鑑定士には大きく分けて二つの方向性があります。

 

一つ目となるのが「不動産鑑定業務のエキスパートになる」ということです。

 

不動産に関する価値の決定や調査のエキスパートになることができれば、
不動産鑑定事務所などに勤め続けたり、独立開業するということによって
より自身の価値を高めていくことが出来るでしょう。

 

特に不動産鑑定業務は地方自治体などからも高い需要を持ちますから、
安定した収入を見込むことが出来ます。

 

もう一つの方向となるのが「不動産コンサルティングのエキスパートになる」ということです。

 

先に挙げたように不動産投資・賃貸経営は現代でも非常に高い人気を持つものとなっています。
不動産鑑定士はそうした投資や経営に必要不可欠な不動産に関する知識を有していますから、
専門家としての視点から今後の不動産投資の方法や賃貸経営の方法についてアドバイスを行っていくのです。

 

このコンサルティング業務には不動産鑑定士のみならず様々な知識が必要になりますが、
一流のコンサルタントとして認められたのであればその収入は非常に優れたものとなるでしょう。

 

Sponsored Link
Sponsored Link

サイト理念

不動産鑑定士とは

他資格との比較における難易度

ダブルライセンスのメリットとは

不動産鑑定士の年収は

不動産鑑定士試験を突破するには

不動産の基礎知識の情報館

不動産の法務局調査

不動産取引の流れ

不動産価格の査定の実務

不動産取引に必要な融資の基礎知識