不動産鑑定士 取得後

不動産鑑定士の資格取得後の活かし方はこちらです。

Sponsored Link

不動産鑑定士の資格取得後の活かし方に興味を持たれる志望者の方は多いと思います。
不動産鑑定士は日本国内で定められる国家資格の中でもかなり難易度の高いものとなっています。

 

不動産が有している価値を判断し、決定するという不動産鑑定市業務は日本の税制度や
法制度の中でなくてはならないものです。

 

またそれぞれの不動産が持つ価値を証明する書類を作成する業務を行うこともありますから、
非常に責任は重大です。

 

そして不動産は日本国内の経済に対して大いに関連をしていますから、不動産鑑定士という
資格を持つ人が活躍できる場所は少なくありません。

 

では不動産鑑定士資格を取得したあと、その資格の活かし方となるのはどのような方法なのでしょうか?

 

まずもっともメインになるのが、不動産鑑定士事務所などに勤めて不動産鑑定業務に
携わるということです。

 

土地や住宅を担保としてお金が貸し借りされる際や、不動産の相続が行われるときなどには
当然必要になりますから、それぞれの顧客の人生の転機にかかわっていくことが出来ます。

 

もちろんそれだけに大きな責任が伴うことも事実ですが、他の職業では行うことのできないような
業務にもなっていますから、取得後の資格の活かし方としては最有力のものとなるでしょう。

 

またこれとは別の不動産鑑定士資格取得後の生かし方となるのが「コンサルティング業務」です。
不動産鑑定士は取得するまでに、不動産の価値決定に関係する様々なことについて習熟を
しなくてはなりません。

 

その中には不動産の価値を最大化するための方法も含まれていますから、そうした知識を
友好的に活用することで「コンサルティング」という形で貢献していくことが出来るのです。

 

例えば使用していない土地を有効に活用したいというような場合や、所有している不動産に
関連する事業計画や資金計画を考える際などには、不動産鑑定士の知識と経験が
大いに活用できることとなるでしょう。

 

ここまでに挙げた取得後の活かし方を実現できる場所となるのが不動産鑑定事務所や金融機関、
コンサルティング会社などが代表的なものとなるでしょう。

 

特に不動産鑑定事務所は不動産鑑定業務とコンサルティング業務の両方を請け負っている場合も多く、
同じく不動産鑑定士の資格を持つ人が集う事務所となっていますから、キャリアアップも効率的に
狙っていくことが出来ます。

 

とはいえもちろんすべての場合において不動産鑑定事務所が勝っているというわけではなく、
コンサルティング業務に注力していきたいというような場合にはコンサルティング会社に
勤めるのがベターとなります。

 

不動産鑑定士資格取得後は、自身のキャリアプランを常に意識して活動していくようにすると良いでしょう。

Sponsored Link
Sponsored Link

サイト理念

不動産鑑定士とは

他資格との比較における難易度

ダブルライセンスのメリットとは

不動産鑑定士の年収は

不動産鑑定士試験を突破するには

不動産の基礎知識の情報館

不動産の法務局調査

不動産取引の流れ

不動産価格の査定の実務

不動産取引に必要な融資の基礎知識