不動産鑑定士 鑑定業界 転職

不動産鑑定士として鑑定業界へ転職するには?

Sponsored Link

不動産鑑定士として鑑定業界へ転職するにはどうすればいいのか、またどのような条件が
必要なのか知りたい試験志望者や試験合格者の方で多いと思います。

 

ただ、忌憚なく申し上げると、不動産鑑定業界の今は不況です。
おそらく今年の受験者数も減少していたのではないでしょうか。

 

不動産鑑定士に魅力を感じ、資格取得を目指す方にとっては、本当に悲しい現状と
なっています。

 

今受験することは、競争する受験者のレベルも低下しているため、逆に言えばチャンス
なんでしょうが、鑑定業界の将来にとっては、いかがなものかと考えます。

 

いまでも、鑑定業界では、公的評価が業務の中心となっているようですが、地価公示、
地価調査等の担当ポイントは年々、減少傾向にあります。

 

ただ、不動産の証券化の案件評価や会計法人等から依頼される時価会計に仕事の
中心をシフトされた鑑定事務所では、比較的堅調に営業されているところもあるそうです。

 

今は都心部であれ、地方であれ、どこの事務所も人余りの傾向にあり、不動産鑑定士の
資格があるだけでは採用されません。

 

採用されたとしても、給与についても年収300万円から厚遇なところでも500万円程度で、
さらに業界でも大手といわれる事務所についても、本部コスト(管理ポスト)の人件費が嵩むため、
いわゆる実際に評価業務を行っている、不動産鑑定士の給与にしわ寄せが向かっているようです。

 

このような状況をみると、鑑定評価の経験がある程度ある若くて優秀な方は鑑定業界から
流出していくのは当然だと思います。

 

そこで、不動産鑑定士の資格を活かせる周辺の不動産業界をはじめ金融業界等への
転職も一考の余地があるかもしれませんが、如何せんこのような業界においても、
人余り傾向なので、なかなか厳しい状況が続いています。

 

今の若手不動産鑑定士に多い意見は「不動産鑑定士とは、とりあえず難しい試験を
パスした能力の証明として使うだけ」ということを聞いたことがありますが、やはり、
どのような資格でもそうですが、資格を取得したことがゴールではなくて、どのように
活かすかで自分の価値や生きがいが定まるものと考えます。

 

このようにお話すると、鑑定業界になかなか明るい材料は見受けられませんが、鑑定事務所に
就職する場合ですと、まずは日本不動産鑑定士協会のHPで募集状況を確認して、
応募・面接へと進まれることが就職の一番の近道となります。

 

また、よく聞かれることですが、不動産鑑定士になるには、いい大学を出ていた方が就職する時に
有利なのか?それとも卒業している大学はあまり関係ないのか?ということです。

 

色々と尋ねてみると、やはり大手などですと国公立大学や有名私大卒など学歴重視な
ところはあるそうです。

 

でも、鑑定事務所にもよるかもしれませんが、基本的に学歴は関係なく、不動産鑑定士
同士でも学歴が話題になることなんてほとんど無いようです。

 

重要なのは実務経験の方になります。
実務修習を終えられているなら、基本的な知識は習得されるはずです。

 

少なくとも不動産鑑定士にまでなっていたら、30歳程度という年齢であっても、就職先は
あるはずです。

 

ご自身で、あまり鑑定業者の間口を狭くせずに、就職活動していけば道は開けます。
むしろ就職してからの方が大切となりますので、ダブルライセンスを取得するなど自己研鑽に
努められることが大切です。

 

なお、資格専門学校で聞いた話ですが、不動産鑑定士試験を大学の在学中に合格された方が
何人かおられて、その方々が就職活動した際に大手鑑定事務所や大手のデベロッパー、
不動産会社から軒並み内定をもらったそうで、周りで内定をもらうのにあくせくしていた友人たち
からとても羨ましがられたそうです。

 

このような話から聞くと、不動産鑑定士は新卒で就職するための強力な武器になるんですね。

Sponsored Link
Sponsored Link

サイト理念

不動産鑑定士とは

他資格との比較における難易度

ダブルライセンスのメリットとは

不動産鑑定士の年収は

不動産鑑定士試験を突破するには

不動産の基礎知識の情報館

不動産の法務局調査

不動産取引の流れ

不動産価格の査定の実務

不動産取引に必要な融資の基礎知識