不動産鑑定士 役割

不動産鑑定士の役割を知りたい。その有用性とは?

Sponsored Link

不動産鑑定士の役割やその有用性を知りたくありませんか?
不動産の鑑定評価は現在の日本経済の中でも特に重要な価値を持つ業務です。

 

不動産鑑定士はそうした不動産にまつわる業務の一つとして存在をしていますが、
その役割に冠する社会的な認知はさほど大きいわけではありません。
では、不動産鑑定士はどのような役割を持つ存在なのでしょうか。

 

まず何よりも大きな役割となるのが「不動産に対する経済価値の評価」を行うということです。
不動産はマンションやアパート、住宅や事務所などさまざまな種類がありますが、その価値は
常に一定ではありません。

 

その時々の情勢によって価値が変動するということは当然ですし、その不動産が使用されていた
というのであれば資産としての価値は逓減することとなります。

 

不動産鑑定士はそうした不動産に対する価値を客観的に、一定の基準の下に
判定する技能を有しており、正常価格を追求することで地価公示価格、相続税路線価評価や
固定資産税評価といったような形で価値を表現します。

 

これは個人や法人の税務と言う面において非常にかかわりの深いものですが、
マイホームを持っている人やこれから買おうとしている人に対しては、売買する際の価値決定、
マンションやアパートなどの賃貸借契約を結ぶという人に対しては適正な賃料の算定と言う形で
関与しています。

 

同様に大きな不動産鑑定士が持つ大きな役割となるのが「コンサルティング業務」です。

 

この業務は本来不動産鑑定士が担わなくてはならないとされていたものではありませんが、
個人や法人といった立場を問わず、所有している不動産の最も効率的な利用方法や運用方法について
アドバイスをするということも重要な役割になりつつあります。

 

例えば空き地があるのであればそこに何を作れば良いのか、また現状保有している不動産を
今後どのように運営していけばいいのかといったようなことです。

 

こうした内容のコンサルティングにはさまざまな知識が必要になりますが、その中でも特に
重要性の高いものとなるのが不動産に関する専門的な知識と言うことになります。

 

またより専門性の高い役割としては課税上の不服申し立てや裁判上で参考資料が必要に
なったときの書面作成、共同管理をしている建造物に関する権利の調整や再開発における
調整の業務などがあり、不動産鑑定士が持つ役割は非常にバリエーションに富んでいます。

 

現代の社会ではその仕事の名前こそ知られていても、実際の業務にまではさほど知られていない
不動産鑑定士ですが、実際にはその役割は現代社会に対して非常に有用性の高い専門家である
と言えます。

Sponsored Link
Sponsored Link

サイト理念

不動産鑑定士とは

他資格との比較における難易度

ダブルライセンスのメリットとは

不動産鑑定士の年収は

不動産鑑定士試験を突破するには

不動産の基礎知識の情報館

不動産の法務局調査

不動産取引の流れ

不動産価格の査定の実務

不動産取引に必要な融資の基礎知識