不動産鑑定士試験

不動産鑑定士試験の概要を紹介します。これでスタートダッシュ

Sponsored Link

ここでは不動産鑑定士試験の概要を紹介したいと思います。
まず不動産を鑑定する国家資格として不動産鑑定士という国家資格があります。
この資格は国土交通省の管轄となっている資格です。

 

不動産鑑定士になるには国土交通省が毎年開催している不動産鑑定士試験に
合格する必要があります。
この不動産鑑定士試験に合格した人に対して実務研修を行い、実務研修を終了した人が
不動産鑑定士として活動することができます。

 

不動産鑑定士となるためには実務研修の終了後に、国土交通省の不動産鑑定士名簿に
登録をする必要があります。
不動産鑑定士試験を受験するための受験制限は特にありません。
不動産に関する実務経験が無い人でも不動産鑑定士試験を受験することができます。
また年齢に関しても受験制限がないことから、未成年でも受験することが可能です。

 

さらにこの不動産鑑定士試験は国籍などに関する受験資格の制限が無いということも特徴の一つです。
日本に国籍が無い非居住者である外国人でも受験をすることができます。
また学歴などに関する制限もないために、高校生や大学生であっても受験することが可能です。
またそれらの学校を卒業していない人でも受験することができます。

 

不動産鑑定士試験の受験科目は短答式試験と論文試験の二種類の試験があります。
それぞれさらにいくつかの科目に分かれています。
短答式試験と論文試験の各科目でそれぞれ合格点に達する必要があります。
短答式試験に科目には「不動産に関する行政法規」という科目と「不動産の鑑定評価に関する理論」
という2種類の科目があります。

 

前者の「不動産に関する行政法規」は主に土地基本法や地価公示法、不動産登記法などの
不動産に関する各種の法律に関する知識が問われることになります。
またそうした法律の他にも都市緑地法などの不動産に関連する各種の法律に関する知識も
試験の範囲となっています。
短答式の試験のもう一つの科目である「不動産の鑑定評価に関する理論」では不動産の鑑定評価の基準や
不動産の鑑定評価基準の運用上の注意点に関する知識が問われることになります。

 

論文式の試験の科目には民法、経済学、会計学、不動産の鑑定評価に関する理論の四つの科目があります。
それぞれ特定の範囲が設定されています。
不動産鑑定士試験の試験日程は毎年、短答式に試験が五月の中旬ごろにあります。
試験は日曜日に開催されます。

 

論文式の試験は毎年八月の初旬ごろに開催されます。
民法と経済学の試験が初日に開催され、二日目に会計学の試験、二日目と三日目に
不動産の鑑定評価に関する理論の試験が開催されます。

 

短答式及び論文式の試験に晴れて合格したあとは、実務修習が待っているのですが、
これは当サイトの別の頁に改めてご紹介する機会を設けたいと思います。

Sponsored Link

不動産鑑定士試験の概要を紹介します。これでスタートダッシュ記事一覧

不動産鑑定士試験の勉強時間は一体いくら必要かご存知ですか?

不動産鑑定士試験の勉強時間は一体いくら必要か、あなたはご存知ですか?最近では、独立開業が可能である資格試験が注目され、これまで以上に資格について評価をもたれています。また、多くの人が資格を新たにとったり、自らのキャリアとして様々な資格を取り入れていると言われています。そうしたことの理由として、企業や...

 

不動産鑑定士試験に合格するにはどのような能力が必要なのか?

最近では多くの人が自ら行っている仕事に併せて資格の取得を目指している場合が多いですよね。その理由として、こうした資格を取得することで自らの給与や賞与、会社での地位が上昇することを目的とするからです。特にその資格と近い仕事を行っている場合はそうした傾向が強いのが一般的です。また、一部の企業ではそうした...

 

不動産鑑定士試験で予備校に通って勉強するのが一番いい?

不動産鑑定士試験で予備校なのか、その他の方法(ビデオスクール)を選択するのか勉強するにあたって悩んでいる方が多いと聞きます。最近では多くの人が不動産鑑定士試験に合格しようと勉強をしていると職場の周りから聞くようになりました。この理由として、この不動産鑑定士に非常に魅力があることが挙げられます。この不...

 

不動産鑑定士試験の前に宅建等を勉強した方がよいのか?

不動産鑑定士試験の前に宅建等を勉強した方がよいのでしょうか?受験生の方からは、とてもよく聞かれる質問だそうです。不動産鑑定士試験は国内でも屈指の難関国家試験です。合格率は僅か2%という事で、宅建の合格率15%と比較をするとその難易度の違いが分かります。不動産鑑定士の仕事は主に国からの依頼である地価公...

 

不動産鑑定士試験科目の民法、会計学、経済学のレベルは?

不動産鑑定士試験科目の民法、会計学、経済学のレベルはどの程度だと思いますか?近年ではこれまで以上に不動産鑑定士試験に向かう人が増えていると言われています。この理由として、不動産鑑定士がこの分野に関して独占的な力を持っているといわれているためです。不動産鑑定士は、不動産に金額の価値をつけたりする職業の...

 

不動産鑑定士試験の合格者数はかなり少ないですよね?

不動産鑑定士試験の合格者数はかなり少ないですよね?あなたは、不動産鑑定士という資格を知っていますか。この仕事は地域の環境や条件などを確認し、その不動産の有効利用を判定し、適正な地価を判断します。つまり、ただ単にその不動産の価格を見るだけでなく、不動産の適正な利用についての専門家とも言えます。この不動...

 

不動産鑑定士試験を受けるために明海大学不動産学部って有利?

不動産鑑定士試験を受けるために、明海大学不動産学部って果たして有利なのでしょうか?最近の大学には、いろいろな学部が設置されています。その中には専門分野に特化した学部もあり、その分野を目指す学生から人気を集めています。千葉県の浦安市にある明海大学にも、ある専門分野に特化した学部が設置されています。その...

 

不動産鑑定士試験で、お勧めの参考書はこちらです!

不動産鑑定士試験で、お勧めの参考書をご存知でしょうか?最近ではいろいろな人が不動産鑑定士試験にチャレンジするために勉強されています。これまで不動産鑑定士試験に受験する人は、不動産鑑定士として仕事をしたいために受験していましたが、最近では、一般企業や不動産会社や行政機関でこの資格を活用するために受験す...

 
Sponsored Link

サイト理念

不動産鑑定士とは

他資格との比較における難易度

ダブルライセンスのメリットとは

不動産鑑定士の年収は

不動産鑑定士試験を突破するには

不動産の基礎知識の情報館

不動産の法務局調査

不動産取引の流れ

不動産価格の査定の実務

不動産取引に必要な融資の基礎知識