不動産鑑定士試験 勉強時間

不動産鑑定士試験の勉強時間は一体いくら必要かご存知ですか?

Sponsored Link

不動産鑑定士試験の勉強時間は一体いくら必要か、あなたはご存知ですか?

 

最近では、独立開業が可能である資格試験が注目され、これまで以上に資格について
評価をもたれています。
また、多くの人が資格を新たにとったり、自らのキャリアとして様々な資格を取り入れていると
言われています。

 

そうしたことの理由として、企業や社会がこうした資格保有者を優遇していることが上げられています。
一般的に資格には2種類あると言われています。
1つ目は、その資格が無いとできない仕事に携わるために必要となる場合です。
それ以外の理由では、自らの能力を高めるために資格取得にチャレンジする場合でしょうか。

 

資格と一言で言っても様々な分野の資格があります。
法律分野で言えば、弁護士や司法書士、行政書士などが挙げられます。
税務分野では税理士や公認会計士が挙げられます。
労務関係で言えば、社会保険労務士が挙げられます。
また、不動産関係で言えば、不動産鑑定士、宅地取引主任者などが挙げられます。

 

不動産鑑定士はその特殊な業務上、これまで根強い人気がありました。
不動産鑑定士は、不動産鑑定士試験に合格すればつくことができる資格ですが、
毎年その合格率は非常に低いものとされていました。

 

資格の合格率と一言で言ってもさまざまな合格率の差があります。
例えば、合格率70パーセント言う資格もある一方で、不動産鑑定士試験のように
合格率が毎年2〜3パーセント程度のように非常に難易度が高い資格もあるとされています。

 

不動産鑑定士試験の場合は、その試験対象が非常に広いことがその難易度を
押し上げている一因といわれています。
例えば、法律で言えば、都市計画法やマンションの建替えの円滑化等に関する法律、
不動産登記法などの不動産鑑定士試験の主要な部分である法律がある一方で、
民法や経済学などの学問分野もあることから、非常にその範囲が広いことが分かります。

 

この不動産鑑定士試験に合格するには、非常に多くの勉強時間が必要になります。
合格に必要な勉強時間については、その受験者がこれまで大学で民法や経済学、
土地に関する法律部門を学習したかによって異なりますし、
その受験生が独学で合格を目指すのか、それとも予備校を活用して合格を目指すのかで異なりますが、
一般的には2,000時間前後の勉強時間が合格の目安になると言われています。

 

具体的に不動産鑑定士講座で有名な「資格の学校TAC」を例に勉強時間を検討してみます。
TACの講義がおおよそ180回程度で、答案練習が20回、模擬が4回程度を受講します。
講義時間は500時間程度、復習時間はその3倍の1500時間
答案練習は30時間程度、準備時間はその5倍の150時間
模擬試験は20時間程度、準備時間はその10倍の200時間

 

以上から専門学校のTACでの講義等の時間が550時間程度、
復習時間などを含む自宅学習時間が1800時間程度です。
合計2300時間程度で合格レベルに達します。

 

なお、期間は試験の前年から勉強を開始することを前提に、1年半年を考慮しています。
一般人が全くのゼロからはじめて合格レベルまで達するまでの時間を意味します。
もっとも、「資格の学校TAC」など不動産鑑定士試験の受験指導で高い実績を残している
学校の講座や模擬試験を合理的に利用した場合です。

 

もちろん、勉強時間だけ多くすれば合格するという試験ではないことから、例えば、
予備校に通学するのであれば、復習をちゃんと行い、わからないことはきちんと理解することなどは
当然ながらする必要があります。
そうすれば不動産鑑定士試験の合格も近づきます。

 

一部では1,000時間で不動産鑑定士試験を突破できるようなことも
言われていますが、よほどの能力がない限りは困難かと考えています。
なので、あまり一般的な学習時間の目安は鵜呑みにされない方がいいと思いますよ。

Sponsored Link
Sponsored Link

サイト理念

不動産鑑定士とは

他資格との比較における難易度

ダブルライセンスのメリットとは

不動産鑑定士の年収は

不動産鑑定士試験を突破するには

不動産の基礎知識の情報館

不動産の法務局調査

不動産取引の流れ

不動産価格の査定の実務

不動産取引に必要な融資の基礎知識