不動産鑑定士試験 合格

不動産鑑定士試験に合格するにはどのような能力が必要なのか?

Sponsored Link

最近では多くの人が自ら行っている仕事に併せて資格の取得を目指している場合が多いですよね。
その理由として、こうした資格を取得することで自らの給与や賞与、会社での地位が上昇することを
目的とするからです。
特にその資格と近い仕事を行っている場合はそうした傾向が強いのが一般的です。

 

また、一部の企業ではそうした職員に対して資格手当てなどのアドバンテージを
与えている場合もあり、資格取得のための動機付けの要因となっています。
それ以外の理由としては、その職員自身のモチベーション向上を挙げることができます。
手にしたい資格にもよりますが多くの資格は取得するのが難しく、自らの業務の他にも
その資格の勉強をしなければなりません。

 

そうしたことは、非常に多くの熱意が必要です。
一方でそのような難しい資格を入手すると多くの人は業務に対するモチベーションが向上して、
よりその仕事を頑張るようになります。
それ以外の理由としては、転職の際に有利になることが挙げられます。
最近ではこれまでのように入社して定年まで働き続けることは困難ですよね。

 

そのため、転職の際に有利になるようにいろいろな資格を入手して転職試験に
合格しやすいように準備しておく場合も見受けられます。
このように、多くの人が資格を入手するようにしているところですが、その中で不動産鑑定士試験は
人気がある資格の一つです。
この不動産鑑定士試験は、不動産鑑定士になるために必ず合格しなければならない試験ですが、
この不動産鑑定士試験は非常に合格することが難しいとされています。

 

日本の中で、弁護士や公認会計士と並んで不動産鑑定士試験は日本3大資格試験と
呼ばれているのは周知のとおりです。
不動産鑑定士は、不動産の鑑定評価に関する法律に基づき規定された資格で、
不動産の経済価値に関する非常に高度な専門家と呼ばれています。

 

そうしたことから、この仕事は人気が高く、不動産鑑定士試験は多くの受験者が試験に臨んでいます。
この不動産鑑定士試験は、平成18年度から新試験が開始され、短答式試験と論文式試験の
2つの試験が課され、この短答式試験と論文式試験の両方に合格しなければなりません。

 

この試験の合格率は毎年概ね2〜3%程度で、非常に難しいものとなっています。
この試験に合格するには、不動産の鑑定に関する基礎的な理解がまず必要になります。
例えば、土地基本法やマンションの建替えの円滑化等に関する法律、都市計画法などの
各種法律などがそれにあたります。
そして、その基礎的な知識を有しているか否かのふるい落としが短答式試験によってかけられ、
その後、論文試験に望みます。

 

不動産鑑定士の試験に合格するためには、能力も大切ですが、なにより根気が一番必要です。
不動産鑑定評価基準の暗記等、地味な作業を毎日やり続けることが出来れば、
特別な能力等がなくても合格に近づくことができます。

 

また、基本的に独学での受験は難しいと言われています。
それは、不動産鑑定士試験が他の受験生との競争試験(相対評価)の試験であり、
何点以上取ったら必ず合格するというような絶対評価ではないため、
他の受験生がどのように取り組んでいるかを知り、効率的に学習する必要があるからです。
そのためには、TACなどの専門学校に通うことも合格への近道かもしれません。

Sponsored Link
Sponsored Link

サイト理念

不動産鑑定士とは

他資格との比較における難易度

ダブルライセンスのメリットとは

不動産鑑定士の年収は

不動産鑑定士試験を突破するには

不動産の基礎知識の情報館

不動産の法務局調査

不動産取引の流れ

不動産価格の査定の実務

不動産取引に必要な融資の基礎知識