不動産鑑定士試験 科目

不動産鑑定士試験科目の民法、会計学、経済学のレベルは?

Sponsored Link

不動産鑑定士試験科目の民法、会計学、経済学のレベルはどの程度だと思いますか?

 

近年ではこれまで以上に不動産鑑定士試験に向かう人が増えていると言われています。
この理由として、不動産鑑定士がこの分野に関して独占的な力を持っているといわれているためです。
不動産鑑定士は、不動産に金額の価値をつけたりする職業のことで、この職業がなければ
多くの不動産に金銭価値そのものが生じなくなってしまいます。

 

また、多くの資格と同様に、この不動産鑑定士も、いわゆる独占業務で、この資格がない人が
こうした不動産の鑑定業務をすることは法律で禁じられています。
そのため、近年ではこの不動産鑑定士になるため不動産鑑定試験に向かっている人が増えています。
この不動産鑑定試験は非常に難易度が高い試験とされています。
毎年この不動産鑑定士試験は実施されますが、合格率をみると、概ね毎年10パーセント程度の
合格率しかありません。

 

つまり、10人受けても1人しか受かる可能性がない資格と言えます。
そのため、多くの人は仕事をやめて、受験に専念する態勢を整えています。
また、不動産鑑定士試験に合格するため、独学だけでは困難なため、予備校に通っている人も
多いとされています。

 

予備校に通うと、不動産鑑定士試験に合格するための効果的な学習方法やノウハウを
たくさん教えてもらいことが出来ます。
特に、幅広い分野の中で、どの箇所の問題が出題されやすいかや、どのような形で出題されるかなど、
多くの経験がある講師でないと分からないことも、受験生に教えてくれます。

 

また、どの時期から、どのような科目の学習をはじめて、受験直前にはどのような科目を
勉強すればよいかも教えてくれるので、非常に予備校は重要なものといわれています。
不動産鑑定士試験に合格するには、多くの科目をマスターしなければなりません。

 

一般的には、不動産に関係した不動産の鑑定評価に関する法律、地価公示法などの法律に加え、
自然公園法や景観法などの幅広い分野の法律をマスターしなければなりません。
こうした法律の中にも多く出題される分野や条文があることから、こうしたときに受験勉強に
強い予備校は非常に有用であると言えます。
また、こうした、不動産鑑定以外に関する法律や学問の中には、民法・会計学・経済学などの科目があります。

 

こうした科目は不動産鑑定関係の法律ではないことから多くの受験生はなかなか勉強できないと
されていますが、こうしたときにも予備校を有効に活用することでマスターすることが可能です。
不動産鑑定士は、総合的な思考能力がないと断片的な判断しかできない可能性がありますので、
不動産鑑定理論のみならず多様な3科目論文試験になっています。

 

民法は理解できていないと不動産の権利関係等を紐解くことができませんので、重要です。
会計学も学んでおかないと資産評価した場合、それがどのように使われるかがわかりません。
経済学がわからないと世の中の動きがわからず問題があるうえ、不動産のミクロ分析、マクロ分析を
行うことができません。

 

各々、習得するには簡単ではありませんが、民法は司法試験ほど難解ではないし、会計学や経済学も
公認会計士試験ほど難しいレベルではないようです。
なので、合格者からのお話では、勉強していく度に開眼というか、世の中が広がった感じがし、
それは実務を行うにあたって、とても貴重な体験になっているそうです。
試験範囲が広くて大変だとは思いますが、どうかがんばってチャレンジしてくださいね。

Sponsored Link
Sponsored Link

サイト理念

不動産鑑定士とは

他資格との比較における難易度

ダブルライセンスのメリットとは

不動産鑑定士の年収は

不動産鑑定士試験を突破するには

不動産の基礎知識の情報館

不動産の法務局調査

不動産取引の流れ

不動産価格の査定の実務

不動産取引に必要な融資の基礎知識