不動産鑑定士試験 明海大学

不動産鑑定士試験を受けるために明海大学不動産学部って有利?

Sponsored Link

不動産鑑定士試験を受けるために、明海大学不動産学部って果たして有利なのでしょうか?
最近の大学には、いろいろな学部が設置されています。
その中には専門分野に特化した学部もあり、その分野を目指す学生から人気を集めています。

 

千葉県の浦安市にある明海大学にも、ある専門分野に特化した学部が設置されています。
その分野とは不動産の分野に特化した学部で、その名も不動産学部です。
この明海大学の不動産学部不動産学科とは、不動産に関することを総合的に学ぶための学部です。

 

経済学や法学、工学などを総合的に学ぶことによって、社会に役立つ知識とスキルが身につきます。
不動産学は海外では一般的ですが、日本ではあまり知られていません。
そのため、日本国内に不動産学部を設置しているのは、この明海大学だけです。
明海大学の不動産学部が、日本で唯一不動産学を学ぶことができる場所なのです。

 

そんな明海大学の不動産学部では、不動産関係の資格を取得できるようにサポートをしています。
1年次と2年次に宅地建物取引主任者の資格を取得できるように、カリキュラムを組んでいます。
さらに明海大学の不動産学部がサポートをしているのは、宅地建物取引主任者の資格だけではありません。

 

難関資格として知られる不動産鑑定士試験に向けて、サポートもしています。
2年次になると専門コースで不動産鑑定士試験のサポートが受けられますから、将来不動産鑑定士の
資格を目指している人には、なによりも頼りになるサポートではないでしょうか。

 

一般の大学から不動産鑑定士試験に臨んでも、専門的な教育をこれまで受けていません。
そのため、不動産鑑定士試験の対策は、専門の予備校に通うことがほとんどです。
しかし、明海大学の不動産学部に進学をすると、専門科目である不動産鑑定評価論の授業が
受けられます。
この不動産鑑定評価論の授業は、不動産鑑定士を目指すキッカケになるともいわれる授業で、
不動産鑑定士に求められる理論や手法を学習することができます。

 

ほかにも、不動産管理演習・不動産法の最前線・住宅地計画実習といった専門科目も、
明海大学の不動産学部では学ぶことが可能です。
不動産鑑定士試験対策として予備校に通うより、不動産学を専門的に教える明海大学で学ぶと、
より高度な知識やスキルを得られるでしょう。

 

本人の頑張り次第ではありますが、明海大学の不動産学部なら、不動産鑑定士試験に合格する
可能性も高くなるのではないでしょうか。
将来不動産鑑定士試験に合格して不動産鑑定士として働きたいのなら、明海大学の不動産学部は
とても魅力的な大学です。

Sponsored Link
Sponsored Link

サイト理念

不動産鑑定士とは

他資格との比較における難易度

ダブルライセンスのメリットとは

不動産鑑定士の年収は

不動産鑑定士試験を突破するには

不動産の基礎知識の情報館

不動産の法務局調査

不動産取引の流れ

不動産価格の査定の実務

不動産取引に必要な融資の基礎知識