不動産鑑定士試験 参考書

不動産鑑定士試験で、お勧めの参考書はこちらです!

Sponsored Link

不動産鑑定士試験で、お勧めの参考書をご存知でしょうか?
最近ではいろいろな人が不動産鑑定士試験にチャレンジするために勉強されています。

 

これまで不動産鑑定士試験に受験する人は、不動産鑑定士として仕事をしたいために
受験していましたが、最近では、一般企業や不動産会社や行政機関でこの資格を活用する
ために受験する人も増えてきていることがわかります。

 

この理由として、不動産鑑定士は非常に独占性の高い資格であるため、一度この
不動産鑑定士試験に合格すると、その分野を独占して、企業や行政機関で
活用する場が増えるからだといえます。

 

不動産鑑定士試験は非常に難しい試験の一つです。
多くの人がこの試験に臨んでいますが、合格率はここ数年間の合格率を平均して
2〜3パーセント程度とされ、非常に難易度が高い試験です。

 

ところで、この不動産鑑定士試験に合格するためには、独学で勉強をするか予備校で
勉強するかの2パターンが考えられますが、ほとんどの受験生の場合、予備校で学習を
重ねることを選択しています。

 

その理由として、予備校では、指導に長けた講師が、その受験生のために専用の参考書を
作成して、その参考書に応じて講義を進めてくれる点があります。

 

予備校で配布される参考書には、これまでの不動産鑑定士試験のエッセンスが濃縮されており、
その参考書をしっかりと勉強することでほとんどの分野を網羅できるという長所があります。

 

また、この不動産鑑定士試験の試験範囲は非常に広いものとされ、多くの勉強時間が必要に
なりますが、その際にも予備校が配布してくれる参考書を学習することで、効率的に勉強ができて、
独学で勉強をしている人と比較して短期間で試験範囲をマスターすることが可能になります。

 

また、一般的にどの資格試験にも言えることですが、試験に合格するにはその試験の過去問題を
マスターすることが非常に重要です。
過去問を制するものが受験を制すると呼ばれ、どれほど過去問題が重要かがわかる言葉ですよね。

 

そうした中、予備校で配布される参考書には、この過去問題を非常に多く活用して例題や問題を
作成しており、受験生にとっては、非常に効率よく試験に合格する力を養うことが可能な状態にしています。

 

具体的には、鑑定士試験の参考書は、従来、TAC、早稲田セミナー、LECなどから
市販されていましたが、早稲田セミナーはすでに閉鎖されており、TACに事業譲渡された模様です。

 

従いまして、不動産鑑定士講座については現在はTACが主流であり、LECについては
最近は鑑定士の参考書は市販されていないようです。

 

なので、鑑定士の短答過去問などの参考書で、現在も市販されているのはTACか住宅新報のものくらいです。
不動産鑑定士の講座を受講する受験生が一番多いのはTACだと考えられますので、おすすめの参考書も
TACのものが一番無難かと思います。

 

また、TACなどの予備校には、参考書の他にも、各種の問題集やこれまでその予備校を活用して
合格した受験生の体験記が記載されていることから、そうした体験記などを活用して効率よく
学習することが可能であるといえます。

 

今後もこの試験に合格するための近道は、予備校の活用が有効であると考えます。

Sponsored Link
Sponsored Link

サイト理念

不動産鑑定士とは

他資格との比較における難易度

ダブルライセンスのメリットとは

不動産鑑定士の年収は

不動産鑑定士試験を突破するには

不動産の基礎知識の情報館

不動産の法務局調査

不動産取引の流れ

不動産価格の査定の実務

不動産取引に必要な融資の基礎知識