不動産鑑定士試験 予備校

不動産鑑定士試験で予備校に通って勉強するのが一番いい?

Sponsored Link

不動産鑑定士試験で予備校なのか、その他の方法(ビデオスクール)を選択するのか
勉強するにあたって悩んでいる方が多いと聞きます。
最近では多くの人が不動産鑑定士試験に合格しようと勉強をしていると職場の周りから
聞くようになりました。
この理由として、この不動産鑑定士に非常に魅力があることが挙げられます。

 

この不動産鑑定士は、不動産の経済価値を判定する唯一の資格であることから、
現在の経済下では非常に重要な役割を果たしているといっても過言ではありません。
そのため、多くの不動産関係者や金融機関から頼りにされ、その分報酬も多いとされています。

 

そうした理由により多くの人がこの不動産鑑定士試験に合格して不動産鑑定士を目指そうと
志すものと考えます。
不動産鑑定士になるには、不動産鑑定士試験に合格しなければなりませんが、この不動産鑑定士試験は
非常に合格することが難しい資格の一つです。

 

一般的にこの不動産鑑定士試験に合格するために多くの人が予備校に通っています。
予備校に通うことのメリットはいくつかあげることができます。

 

1つ目のメリットとして、試験に精通した専任講師が合格まで徹底的にサポートしてくれることです。
この試験は非常に難しいため、合格するにはかなりのコツや勉強方法が必要になります。
独学ではこうした勉強法や効果的な暗記方法などは入手することはできませんが、
予備校であれば、こうした方法をすぐに教えてくれます。
また、予備校では、不動産鑑定士試験の過去の問題も有していることから、特に試験直前には
過去問題の学習がとても有利に進めることが可能になります。

 

一般的に、どの資格試験も過去問題をどれだけ理解して解くかが重要といわれてています。
また、過去問題をたくさん解くことで、その試験にどのような問題が頻繁に出題されているかが分かり、
幅広い試験範囲からかなり精度の高い予想を立てることが出来ます。

 

一方で独学ではこうした勉強法は非常に困難ですし、そうした体系的なカリキュラムを
たてること自体が一人ではまず無理なためです。
そうしたことから、予備校に通うことのメリットがあります。
それ以外のメリットとして、同じ目的を有したライバルがいることであり、意外に重要な要因の
一つと言えるでしょう。

 

試験に合格するには身近にライバルがいることが非常に役に立つことが多く、
特に不動産鑑定士試験のように難易度の高い試験については、
こうしたライバルを意識することで、勉強に対するモチベーションが上がり、
勉強を効果的にすることが可能になります。
一方で独学ではこうしたメリットを享受することは困難であり、そのため、様々なメリットを
考えた場合、予備校が良いと言われる所以です。

Sponsored Link
Sponsored Link

サイト理念

不動産鑑定士とは

他資格との比較における難易度

ダブルライセンスのメリットとは

不動産鑑定士の年収は

不動産鑑定士試験を突破するには

不動産の基礎知識の情報館

不動産の法務局調査

不動産取引の流れ

不動産価格の査定の実務

不動産取引に必要な融資の基礎知識