不動産競売 3点セット

不動産競売の3点セットとは?

Sponsored Link

【不動産競売のスタートは3点セットから】

 

「不動産競売」とは、債権者が債権回収をする手段であると同時に、
買い受ける立場においては、「買受人が代金を支払うことによって、
不動産を取得する手続き」でもあります。

 

そこで裁判所は、競売を通じて買い受けを希望する人に対し、対象となる
不動産の基本的な情報を提供するために、@現況調査報告書、A評価書、
B物件明細書の3つの書類を作成しています。

 

これが「3点セット」と呼ばれているものです。

 

これらは事件(裁判所では案件のことをこのように呼んでいます)
ごとにひとつのファイルにまとめられ、入札期間中は裁判所に
備え置かれて、いつでも、どなたでも自由に閲覧すること
が可能となっています。

 

また、インターネットで全国どこからでも見ることもできます。

 

【3点セットの具体的な中身とは】

 

@現況調査報告書

 

裁判所の執行官が作成します。土地・建物の概況、地積や床面積などの状況や、
不動産を占有している者がいる場合にはその氏名等も記載されます。

 

実際に、執行官が現地に赴くなど(場合によっては何度も足を運んで)、
不動産を調査した内容が記載されている他、建物の見取図や室内の
写真も添付されています。

 

買い受けの判断や買い受け後の手続きにおいても重要な基礎資料となります。

 

・土地の形状、地目、建物の種類などの状況
・不動産の占有者などの占有についての情報
・写真図面など

 

A評価書

 

裁判所から委嘱された評価人(不動産鑑定士)が作成します。
裁判所が売却基準額、買受可能額(これ以上安くは売却されない価格)を
決めるための資料で、この評価書も公開されています。

 

不動産競売手続きにおいては、短期の入札期間内に売却する必要
(早期可能売却価格となる)があることや、不動産の状況に応じた
各種補正が行なわれていることが、市場より安く不動産が購入できる
理由のひとつとなっていると言って良いでしょう。

 

・評価額とその算出過程

 

B物件明細書

 

前述の@とAの資料にもとづいて裁判所の書記官が作成し、買い受け後の
登記手続きなど、裁判所が競売に関する様々な手続きを行なうための
基礎資料になります。

 

また円滑な執行手続きを行なうための資料にもなります。

 

・競売に付される不動産
・買受人が引き継ぐ賃借権などの権利
・地上権の成立の可否
・占有の状況など

Sponsored Link
Sponsored Link

サイト理念

不動産鑑定士とは

他資格との比較における難易度

ダブルライセンスのメリットとは

不動産鑑定士の年収は

不動産鑑定士試験を突破するには

不動産の基礎知識の情報館

不動産の法務局調査

不動産取引の流れ

不動産価格の査定の実務

不動産取引に必要な融資の基礎知識