不動産 物件 調査

不動産の物件の調査のコツは3つあります。

Sponsored Link

〜その不動産は利用できるか、契約は安全か、担保価値を有するか〜

 

あなたが上司や先輩から指示されて、実際に不動産の物件の調査を始めてみると、
調べることが山ほどでてきて、一体何から手をつけて行動に移せば良いのか
わからなくなることはありませんか?

 

でもそのように思うのは別に不思議でもなんでもなくて、不動産や物件には法律、金融、
税金、建築など多岐に渡る要素があるからです。
でも、安心してください。

 

あなたがこのような調査を何度か経験すると、不動産の物件の調査のコツは3つに分類
できることがわかります。

 

「利用することができるか(建てられるか)」「契約や取引(手続き)は安全か」
「担保価値を有するかどうか」、何度も行うであろう不動産にまつわる調査は
この3つの観点から行うのがコツと言えます。

 

まずは、この3つの観点を判断の基礎として、指示された不動産について、
「どの調査を省くか」をテーブルの上に乗せて考えることをぜひやってみてください。

 

まず一つ目は、建物が「利用することができるか(建てられるか)」が調査ポイントです。
普通不動産を購入したり借りたりするのは、不動産を利用するイコール建物を利用する、
といった使用収益を前提にするのですから、最も重要なポイントといいても過言ではありません。

 

建物が老朽化していないか、柱、床などの主要構造部に歪みがないか、水回りに瑕疵はないかなど、
現地で目の中に飛び込んでくる範囲の調査と、顧客や依頼者から事前に用意されていた登記簿謄本、
建築確認書の写しでの築年数の確認、市区町村など行政機関での建物の建築基準法などの
適法性をチェックします。

 

 

二番目には、「契約や取引(手続き)を安全に進める」ことと、今後、ひょっとして起きそうな事柄も
予見して不動産の調査を行うことが大切です。

 

行政機関での調査で、当該不動産が将来、再建築できなくなる可能性があるなら、その根拠を
しっかりと依頼者へ提示して、説明しなくてはなりません。

 

あなたは不動産の専門家ですから、その専門領域で今後を見通す予見性を求められるのは当然であり、
また責務といえます。

 

ただ、そうは言っても、やはり経験に左右される面は否めませんが、何度も行政的条件の調査を
していると、だんだんと身についてきますし、予測することができるようになります。

 

最後は「担保価値を有するか」です。

 

不動産とお金は密接な関係にあると言え、その不動産にどれだけのお金を支払う価値があるか、
いわゆる価格は多くの関係者が着目するところであるため、調査の重要なポイントになります。

 

この「担保価値を有するか」の調査については、登記簿を調査することを中心に行います。

 

登記簿に記載の面積から売却時に得られる金額を、抵当権の有無から所有者の
借り入れ状況や金融機関の取引先など経済状況を、差押の有無から税金や
債務の滞納状況を、それぞれ把握することができます。

 

これら3つの観点を意識しながら調査をするとミスを防ぐことが可能となり、その結果、
大きなトラブルに発展することも少なくなると思います。

 

不動産取引の最終局面で出てくる重要事項説明書ですが、これには権利関係、
法令上の制限など、不動産にまつわる、いろいろな専門用語が書いてありますが、
その内容をよく見てみますとこの3つの観点、つまり「利用」「契約」「金額」の3つに
影響する要素の羅列で構成されていることがわかります。

 

このことから、先に挙げた3つのコツは、それだけ重要な要素と言えますし、
不動産の調査は調べればキリがないので、トラブルを回避するにはこの3つは
押さえる必要があると考えます。

 

 

Sponsored Link
Sponsored Link

サイト理念

不動産鑑定士とは

他資格との比較における難易度

ダブルライセンスのメリットとは

不動産鑑定士の年収は

不動産鑑定士試験を突破するには

不動産の基礎知識の情報館

不動産の法務局調査

不動産取引の流れ

不動産価格の査定の実務

不動産取引に必要な融資の基礎知識