不動産競売 物件情報サイト

不動産競売の物件情報サイトとは?

Sponsored Link

【不動産競売の流れ】

 

誰でも参加することができる不動産競売ですが、どのような手順で進み、
情報はどのように入手すればいいのでしょうか。

 

このように競売の流れと競売情報を知る方法についてお話したいと思います。
不動産が競売に付されると、裁判所は売却基準額を決定し、3点セットの
用意ができると、具体的な不動産売却の手続きがスタートします。

 

その手順というのは、民事執行法に定められていて、執行官や書記官が、
「売却の方法」「入札期間」「開札期日」「売却基準価額」「保証金の額」
などを決定します。

 

その内容については、裁判所の掲示場(掲示板)で公告される他、
市町村役場にも掲示され、案件によっては新聞やインターネットでも
公示されりことがあります。

 

競売は裁判所ごとに年間10回程度実施されていて、公告は入札の
2週間前までに行なわれる決まりになっているので、この間に資料を
取り寄せて購入の是非を検討し、入札することになります。

 

【不動産競売物件情報サイトとは】

 

競売に関する情報ですが、とくに買い受けの判断に重要な3点セットは
裁判所に備え置かれる他、表題のサイトを通じても知ることができます。

 

このサイトは驚くほど詳細に網羅されていて、競売情報、売却結果の他、
用語集や過去のデータについても検索して分析できるようになっています。

 

競売情報の検索は都道府県ごとに、「地域(市区町村)から探す」
「沿線から探す」と工夫されていて、まるでよく目にするような
不動産情報サイトに匹敵する機能を備えています。

 

また一定の条件が整えば、不動産を内覧することができます。

 

正しくは「内覧実施命令」という手続きを経ることによって、
その不動産を差し押さえた債権者の申し立てでできること
になっています(見たい人からの申し立てではないことに注意)。

 

内覧することできれば、購入後の予想外のトラブルも避けることができる
可能性が高まることは自明の理です。

 

これも入札期間の前後で公告されるので、アンテナをはってチェック
しておくのもいいかもしれません。

 

競売のスケジュールについては、公告から3点セットの備え置きまで
1週間以上、そこから入札開始までに1週間以上、入札期間が
1週間から1ヶ月間あります。

 

開札は入札終了から1週間以内に行なわれ、さらに1週間以内に
売却が決定される、という流れになっています。

 

これでようやく、競売不動産を購入することができるのです。

Sponsored Link
Sponsored Link

サイト理念

不動産鑑定士とは

他資格との比較における難易度

ダブルライセンスのメリットとは

不動産鑑定士の年収は

不動産鑑定士試験を突破するには

不動産の基礎知識の情報館

不動産の法務局調査

不動産取引の流れ

不動産価格の査定の実務

不動産取引に必要な融資の基礎知識