競売 入札妨害

競売の入札妨害とは?

Sponsored Link

【競売の入札妨害はイタチごっこ】

 

不動産は私たちの生活と活動に大切な財産とも言えますが、先祖代々の
歴史と思い出の刻印が刻まれていることもあります。

 

不動産競売に供される立場からすれば、債務である借金を返せないのですから、
明渡しに応じなければいけないとわかっていても、心の奥底では、「家を他人に
取られたくない」と思うことは人情として理解することはできます。

 

そのような人としての心情は、ときとして入札妨害のための様々な手法を編み出し、
そして法律(民事執行法)がそれを追いかけるように改正されて、妨害の排除を
行うことにより、今日の不動産競売の制度に至っているのが実情です。

 

【「競売屋」と「占有屋」とは?】

 

また不動産競売では購入資金としての大金が動くため、様々な妨害行為が
行なわれます。

 

現在では民事執行法の改正も手伝って、かなり減ってまいりましたが、
「競売屋」と「占有屋」と呼ばれる二者が、不動産競売の妨害行為を
する代表として挙げることができます。

 

「競売屋」とは、裁判所に独特な風貌と威圧感を与える態度で現われ、
他人に入札させないように妨害したり、入札場所で「話し合い(=談合)
とを行ない、不当に低い価格で不動産を買い受ける人を呼びます。

 

そのようにして買い受けた不動産を高値で転売すれば、その差額が
競売屋の利益となります。

 

入札場所(しかもそれは裁判所)にこのような人がいたら、自由な意志での
入札はこんなんを極めるのは明らかです。

 

とはいっても、競売屋も法律に抵触することをしているわけではないのです。

 

長い間、問題視されていたのですが、現在では民事執行法の改正により、
郵送で入札できるようになったため、競売屋はほぼ見かけなくなったと言っても
良いでしょう。

 

一方、「占有屋」の典型的な妨害の手口というと、競売となった不動産を
借り受けたと称して占有し、そこに居座り続けます。

 

そうすると、不動産を買い受けて法律上は買受人のものになっても、占有者がいる以上、
買受人は自由に建物を使用収益することが不可能となります。

 

さらに占有屋には勝手に建物を損壊したり、土地の上に、不夜城のごとく、
った一晩で建物を建ててしまって、第三者に賃貸したりと、実に様々な手口に
だれています。

 

本来、「競馬家」よりも、一掃されるべき占有屋とも言えますが、こちらの対応は
今も課題となっていて、解決への道が早急に開かれることを期待したいです。

Sponsored Link
Sponsored Link

サイト理念

不動産鑑定士とは

他資格との比較における難易度

ダブルライセンスのメリットとは

不動産鑑定士の年収は

不動産鑑定士試験を突破するには

不動産の基礎知識の情報館

不動産の法務局調査

不動産取引の流れ

不動産価格の査定の実務

不動産取引に必要な融資の基礎知識