競売 入札代行業者

競売の入札代行業者の業務とメリット・デメリットとは?

Sponsored Link

【競売の長所と短所とは】

 

競売に参加して不動産を購入する場合のメリットと
デメリットをまとめると、次のとおりです。

 

【メリット】

 

@誰でも参加することができる
A情報が平等に公開されている
B入札で買受人が決定され、透明性が認められる
C安い価格で不動産を購入することができる
D担保権者(債権者)の了解が不要
E消費税・登記費用が不要

 

【デメリット】

 

@所有者の協力が得られない
A競売物件であることが周囲に知られている
B買い受けの手続きが極めて煩雑
C買い受けの支払条件が硬直的
D占有者がいる場合、占有排除しないと利用できない

 

これらのメリットを享受したうえ、デメリットを小さくするためには、
入札代行業者と言われる専門家に依頼するのもひと1つの方法です。

 

ここでいうところの入札代行というものは、許認可等もなく、自由に営業することが
可能ですが、業務の特性上、宅地建物取引業を兼業している会社が大半を
占めます。

 

サービスの水準などは会社により様々ですが、近年では不動産競売の協会なども
設立されて、業界の地位向上に努めているようです。

 

【具体的なサービスの内容】

 

入札代行業者は、一般の個人では把握しきれない事項を中心に、
次のようなサービスを提供しています。

 

@現地調査・周辺調査・役所調査
A入札価格の参考資料の作成
B入札の意思決定の支援
C占有者との明渡しについてのコンサルティング

 

とくにCの占有者の多くは、大抵は買い受け前の所有者であり、
債務者として借金の取り立てを経験して精神的にも深く傷つき、
非常にナーバスになっていることも多いため、繊細で、地道な
交渉が必要になることが往々にしてあります。

 

そのような場合でも経験豊富な代行業者であれば、比較的スムーズに
建物を明け渡してくれるように支援してくれることが期待できます。

 

入札代行会社のメリット・デメリット

 

メリット

 

・入札できる価格を分析してくれる
・慣れない手続きを代わりに行なってくれる
・占有者との交渉に当たってアドバイスしてもらえる

 

デメリット

 

・入札代行会社の選択がむずかしい
・費用がかかる
・あくまで代行なので、最終的な責任は利用者が負う

Sponsored Link
Sponsored Link

サイト理念

不動産鑑定士とは

他資格との比較における難易度

ダブルライセンスのメリットとは

不動産鑑定士の年収は

不動産鑑定士試験を突破するには

不動産の基礎知識の情報館

不動産の法務局調査

不動産取引の流れ

不動産価格の査定の実務

不動産取引に必要な融資の基礎知識