不動産鑑定士 難易度

不動産鑑定士試験の難易度はどのくらいでしょうか?

Sponsored Link

不動産鑑定士の難易度はどのくらいだと思われますか?
不動産に対して経済価値をつける役割を持つ不動産鑑定士は非常に意義ある
国家資格とされています。

 

その業務における責任の重さと言うものは他の職業と比べて劣るということはなく、
むしろ不動産鑑定士の判断によって百万円単位から一千万円単位の価値が決定されます。

 

また場合によっては数億円近い価値が決定されるというわけですから、
責任に関しては非常に重大といえるでしょう。
これが国家資格である理由はまさにここにあります。

 

不動産の価値と言うものは税務上・法律上で非常に大きな意味を持ちますから、
しっかりとした知識と資格がなくては不動産鑑定士を名乗ることは許されないのです。

 

ではそういった責任ある国家資格である不動産鑑定士の資格試験の難易度はどれくらいなのでしょうか。
一般的に言われている難易度を示す言葉となるのが「合格率2%〜3%」という言葉です。

 

「100人受けて2人が受かる」と考えるのか「100人受けて2人しか受からない」と考えるのかは
人によりますが、この確率は決して大きいとは言えないでしょう。

 

この合格率に比較的近い合格率を持つとされている国家資格となるのは「情報工学技術士」や
「税理士」、「総合旅行業務取扱管理者」といったようなものです。

 

「税理士」は言うまでもなく非常に価値のある国家資格ですし、あまりなじみのない「情報工学技術士」や
「総合旅行業務取扱管理者」という国家資格は、有していればその業界では一流クラスの技能と知識を
持つとみなされるものです。

 

つまり不動産鑑定士の国家資格としての難易度は、業界内で一流クラスの技能と知識を持つ人が
取るべき資格と同等と言うことになります。
ではここで他の「難関資格」と呼ばれているものと比較するとどうなのでしょうか。

 

例えば弁理士や司法書士、公認会計士といったようなものですが、一般的に不動産鑑定士の資格は
これらの三つの資格よりは比較的取得しやすいとは言われています。

 

しかし弁理士は理系の最難関、司法書士は文系の最難関と呼ばれているような国家資格であり、
いずれも合格までには最低でも3000時間の勉強が必要であるのが一般的です。

 

公認会計士も同様に3000時間近くの勉強時間が必要とされており、これらの資格は
1日5時間勉強しても二年近くの時間が必要な資格と言うことになりますから、
これらのほうが難しいとされるのは当然です。

 

とはいえ、こうした資格を獲得できるかどうかということに関してはそれぞれの個人が培ってきた
知識や技術が関連しているのは事実です。

 

資格の取得を難易度から決定するということは必ずしも正しいとはいえませんから、
こうした難易度に関しては参考程度にとどめておくべきといえるでしょう。

Sponsored Link

不動産鑑定士試験の難易度はどのくらいでしょうか?記事一覧

不動産鑑定士の難易度 宅建と比較したらどうなのか?

不動産鑑定士の難易度は宅建と比較するとどのくらいだと思われますか?不動産に対する経済価値を判断し、貨幣学で表示するという役割を持つ動産鑑定士は非常に意義ある国家資格とされています。不動産鑑定士と宅建は、いずれも不動産にかかわる国家資格ですが、その資格の中身はかなり大きく違っています。その中でも、もっ...

 

不動産鑑定士の難易度 公認会計士と比較したらどうなのか?

不動産鑑定士の難易度は公認会計士と比較するとどのくらいだと思われますか?不動産鑑定士とは、短答式及び論文式の国家試験に合格し、実務修習を経て、国土交通省に備える不動産鑑定士名簿に登録された不動産鑑定の専門家となります。そして、国や都道府県が行う地価公示のための地価調査、相続税・固定資産税標準地の鑑定...

 

不動産鑑定士の難易度 税理士と比較したらどうなのか?

不動産鑑定士の難易度は税理士と比較するとどのくらいだと思われますか?不動産鑑定士試験は例年5月に短答式試験、8月に論文式試験、10月に合格発表が行われます。合格後、社団法人日本不動産鑑定協会による実務修習を受け、修了考査で合格したあと国土交通大臣の修了確認を経て、国土交通省に備える名簿への登録が必要...

 

不動産鑑定士の難易度 司法書士と比較したらどうなのか?

不動産鑑定士の難易度は司法書士と比較するとどのくらいだと思われますか?不動産鑑定士は、不動産が存する地域の環境や様々な条件を考慮して「不動産の有効利用」を判定し、 「適正な地価」を判断します。つまり、不動産鑑定士は、不動産の価格についてだけでなく、不動産の適正な利用についての判断も下す専門家でありま...

 

不動産鑑定士の難易度 行政書士と比較したらどうなのか?

不動産鑑定士の難易度は行政書士と比較するとどのくらいだと思われますか?不動産鑑定士は、適正な不動産価格を把握することで、不動産に関連する取引や交渉を円滑化し、大切な資産の有効活用を図り、不動産活用のさまざまな課題を「鑑定評価」を通して解決へ導きます。また、相続税法の改正により、鑑定評価により今後相続...

 

不動産鑑定士の難易度 土地家屋調査士と比較したらどうなの?

不動産鑑定士の難易度は土地家屋調査士と比較するとどのくらいだと思われますか?不動産鑑定士とは、公認会計士試験と並んで3大国家試験の一つと言われています。あなたの周りにでも、あまり聞かないと思いますが、相続税路線価評価、固定資産税評価、公示価格、基準地価格の評価など、不動産の鑑定評価として、実は一般生...

 

不動産鑑定士の難易度は社会保険労務士と比較するとどうなの?

不動産鑑定士の難易度は社会保険労務士と比較するとどのくらいだと思われますか?一般的に土地取引は多額の金銭が動くものですし、その取引の指標として私たちが利用するものとして、公示価格などの公的評価に基づいた価格があり、さらには、専門家として不動産鑑定士が適切な意見を附すのが普通です。周辺に取引事例がたく...

 

不動産鑑定士の難易度 日商簿記1級と比較するとどうなのか?

不動産鑑定士の難易度は日商簿記1級と比較するとどのくらいだと思われますか?限りある国土だからこそ価値が問われる時代です。土地問題の焦点は 「適正な地価」と「適正な土地利用」をいかに図るかというところにあります。不動産鑑定士は、地域の環境や諸条件を考慮して「不動産の有効利用」を判定し、「適正な地価」を...

 
Sponsored Link

サイト理念

不動産鑑定士とは

他資格との比較における難易度

ダブルライセンスのメリットとは

不動産鑑定士の年収は

不動産鑑定士試験を突破するには

不動産の基礎知識の情報館

不動産の法務局調査

不動産取引の流れ

不動産価格の査定の実務

不動産取引に必要な融資の基礎知識