不動産鑑定士 日商簿記1級 難易度

不動産鑑定士の難易度 日商簿記1級と比較するとどうなの?

Sponsored Link

不動産鑑定士の難易度は日商簿記1級と比較するとどのくらいだと思われますか?
限りある国土だからこそ価値が問われる時代です。土地問題の焦点は 「適正な地価」と
「適正な土地利用」をいかに図るかというところにあります。

 

不動産鑑定士は、地域の環境や諸条件を考慮して「不動産の有効利用」を判定し、
「適正な地価」を判断します。

 

つまり、不動産鑑定士は、不動産の価格についてだけでなく、不動産の適正な
利用についての専門家でもあります。
不動産鑑定士はさまざまな分野で活躍しています。

 

国や都道府県が土地の適正な 価格をー般に公表するための、地価公示や地価調査の
制度をはじめとして、 公共用地の取得、相続税標準地の評価、固定資産税標準宅地の評価、
裁判上の評価、会社の合併時の資産評価ならびに現物出資の評価、さらには、不動産に関する
コンサルティング等、広く公共団体や民間の求めに応じて不動産鑑定士が業務を行ってい ます。

 

不動産についての専門家、「不動産鑑定士」はあなたの身近で活躍し、 あなたの不動産の
良き相談相手なのです。
一方、日商簿記1級は2級までと比べて圧倒的に難しいです。

 

税理士、公認会計士など職業会計人としての登竜門として、大学程度の知識を修得し、
財務諸表規則や企業会計に関する法規が理解でき、経営管理・分析ができるレベルです。
そして1級に合格する、メリットのひとつして、税理士試験の受験資格が得られことです。

 

日商簿記1級の試験科目は、商業簿記、会計学、工業簿記、原価計算の4科目で、
会計基準などの改正が頻繁にあるため、
それに対応するために学ぶべき量は年々増えているようです。

 

両者の現在の最終合格率は、不動産鑑定士は3%前後で、日商簿記1級は10%前後で、
合格率から見ると、やはり不動産鑑定士にジャッジがおります。

 

ところで、日商簿記1級の合格率は10%前後のようですが、あなたの周りで合格された方が
いると聞いたことはありますか?

 

意外と少ないと想像するのですが、実はこれには訳があって、日商簿記1級検定は、
税理士の受験生の方が受験資格を得るために受けたり、税理士受験生、会計士受験生が
力試しやキャリアパスのために受験する人が多くいるからだと言われています。

 

したがって、各々の資格試験に受かった方は、日商簿記1級合格者だと言わずに、
税理士・会計士と名乗るものと考えます。

 

ところで、日商簿記1級は、他にも特徴がありまして、日商簿記2級や3級はトータルで
70%以上で合格となるのでが、1級の場合には、商業簿記、会計学、工業簿記、
原価計算の各科目において、40%未満の科目が1科目でもあれば他の科目が
満点であっても不合格になります。

 

100点満点で各科目25点満点、ということは1科目10点未満があれば「足きり」となり、
不合格です。
かなりやっかいな試験制度ですよね。

 

このような試験科目に取り組む学習期間としては、勉強時間は2級ですと数ヶ月から
半年以内で十分合格可能ですが、1級は1年から1年半くらい期間が必要となります。

 

個人差はかなり出ると思いますが、目安として800時間〜1000時間かかるともいわれており、
一般的に言われている勉強時間の目安で比較するならば、日商簿記1級のほうが、宅建などの
国家資格よりも時間を必要とするようです。

 

他方、不動産鑑定士はというと、2000時間〜3000時間必要と言われており、学習時間だけを
取ってみても、不動産鑑定士と日商簿記1級では、大きなレベルの違いが有ることがわかります。

 

以上より、不動産鑑定士の難易度を社会保険労務士と比較した場合には、合格率や合格に
要する期間などを総合的に考察すると「不動産鑑定士」に軍杯が上がると言えるでしょう。

Sponsored Link
Sponsored Link

サイト理念

不動産鑑定士とは

他資格との比較における難易度

ダブルライセンスのメリットとは

不動産鑑定士の年収は

不動産鑑定士試験を突破するには

不動産の基礎知識の情報館

不動産の法務局調査

不動産取引の流れ

不動産価格の査定の実務

不動産取引に必要な融資の基礎知識