不動産鑑定士 宅建 難易度

不動産鑑定士の難易度 宅建と比較したらどうなのか?

Sponsored Link

不動産鑑定士の難易度は宅建と比較するとどのくらいだと思われますか?
不動産に対する経済価値を判断し、貨幣学で表示するという役割を持つ
動産鑑定士は非常に意義ある国家資格とされています。

 

不動産鑑定士と宅建は、いずれも不動産にかかわる国家資格ですが、
その資格の中身はかなり大きく違っています。
その中でも、もっとも大きな違いはというとその難易度です。

 

不動産鑑定士は最終合格率2〜3%の超難関資格ですが、宅建の合格率は
15%程度あります。

 

宅建は択一式試験のみとなっており、資格試験の内容も確かに異なるのですが、
不動産鑑定士試験の内容の一部には、宅建の資格試験の内容と重なる部分があります。

 

まず不動産鑑定士の試験の流れについてですが、短答試験で択一式試験に合格し、
その後に論文式試験に受からなければ最終的に合格となりません。

 

試験科目についても大きく違っていて、特に不動産鑑定士の論文式試験の科目である
経済学や会計学は、宅建では試験科目には含まれていないものです。
各々共通の試験科目であっても、不動産鑑定士のほうが圧倒的に難易度は上がります。

 

特に民法については、不動産鑑定士試験では論文式で記述しなければならず、難易度も
司法試験と肩を並べる程です。
(ただし合格水準は司法試験には及びません)。

 

それに比べて、宅建はと言うと、試験形式は択一式試験となっており、しかも難易度は
それほどではありません。

 

不動産鑑定士と宅建との仕事における違いは簡単に言うと、不動産鑑定士は不動産の
鑑定評価を行うために必要な資格であり、宅建は不動産の売買や賃貸をしたり、
売主や買主の仲介をするための仕事に必要な資格です。

 

不動産の鑑定評価とは、不動産が持つ経済価値を貨幣額を持って表示することであり、
市場の代行を行うことです。

 

このような仕事は必ずしも不動産の売買が前提となっているわけではありません。
不動産を賃貸に供するためとか、金融機関などが、お金を貸すときの担保としての
評価や公共機関が行う公共用地の買収のためとかの場面に登場します。

 

最近では、不動産が投資用として供され証券化するときの評価として行われるなど、
本当に多岐に渡ります。

 

何より、不動産の鑑定評価に関する法律などによって裏付けられる、公共性の高い場合に
行われるのが不動産鑑定士が行う鑑定評価なのです。

 

したがって、不動産の鑑定評価は社会的、公共的意義の高い資格であると言われる所以です。
そして、これらは不動産鑑定士でなければ、仕事として行うことができません。

 

不動産鑑定士と宅建では仕事の内容は異なりますが、両方の資格をもって両方の
仕事を行っている人も多くいます。
これは、資格的にも仕事的にも相乗効果が高いためです。

 

宅建をお持ちの方が、専門学校の「宅建の次は、不動産鑑定士を目指そう!」
などと言う受験生集めのためのキャッチコピーに踊らされているのをよく見掛けます。

 

学習期間としては宅建で、3ヶ月から半年、時間で言えば200時間から300時間が必要で
あるのに対し、不動産鑑定士は2000時間〜3000時間必要と言われており学習時間だけを
取ってみても、鑑定士と宅建では、大きなレベルの違いが有ることがわかります。

 

Sponsored Link
Sponsored Link

サイト理念

不動産鑑定士とは

他資格との比較における難易度

ダブルライセンスのメリットとは

不動産鑑定士の年収は

不動産鑑定士試験を突破するには

不動産の基礎知識の情報館

不動産の法務局調査

不動産取引の流れ

不動産価格の査定の実務

不動産取引に必要な融資の基礎知識