不動産鑑定士試験 論文

不動産鑑定士の論文試験とは、どのようなものなのでしょうか?

Sponsored Link

不動産鑑定士の論文試験とは、どのようなものなのか、お話したいと思います。
不動産鑑定士試験では大きく分けて二種類の科目による試験が行われます。
問題文に対して解答を記入する短答形式と、設定されたテーマに関して論文を書く論文形式です。

 

これら二つの中でも、特に難易度が高いとされているのが論文試験です。
その反面短答形式の試験に関しては、他の難関国家資格と比較しても簡単というのが
一般的な認識となっています。

 

そのため不動産鑑定士試験の合格を目指すというような場合には、必ず論文式試験に対する
理解をしていなくてはならないのです。

 

では不動産鑑定士試験における論文式試験はどういったものなのかと言うと、基本的には
先に挙げたような論述式の試験です。

 

設定されたテーマに関する自分の意見を論述式で書いていけばいいわけですが、当然ながら
法令や制度にそぐわないような内容の論述に関しては認められません。

 

ただ自分の意見を書けば通過できるというわけではなく、あらゆる内容に関して幅広い知識が
必要になるといえます。

 

ではどういったものが不動産鑑定士試験の論文式試験でテーマとなるのかというと、
民法・経済・会計・鑑定理論・鑑定演習の5つです。

 

不動産鑑定士試験という中で特に重視されるのは鑑定理論と鑑定演習の二つの科目ですが、
それ以外の三科目についても習熟が求められるため、難易度が高いとされています。

 

合格ラインとしては全体の6割程度の得点を獲得できれば良いとされていますが、事前に問題文が
把握できないものにたいして、二時間と言う制限時間の中で一定の長さを越える論文を作る必要があります。
それでは、この論文式試験を突破するためのコツとなるのは何でしょうか。

 

これに関して最重要になるのは「論文の書き方」に習熟するということです。
今自分が書こうとしている論文の起承転結を頭の中で構成し、矛盾や間違いのないようなものを作り上げ、
それを迅速にアウトプットするというのが書き方の基本です。

 

これが出来ていない人は試験時間の限界になっても、書き上げることが出来ないというような
状況になってしまったり、書いているうちに最初に言っていた内容と最後に言うべき内容に矛盾が
出てくるようになってしまいます。

 

そしてこの書き方については実際に自分で書いてみる以上に学ぶことが出来る方法はありません。
いくら短答形式の試験で高得点を獲得できていたとしても、論文形式の試験で得点が
取れなかったのであれば、不動産鑑定士試験を通過することは出来なくなってしまいます。

 

なので、受験の前には必ず再確認をするように心がけましょう。

Sponsored Link

不動産鑑定士の論文試験とは、どのようなものなのでしょうか?記事一覧

不動産鑑定士試験の会計学、経済学はどのように勉強したか?

不動産鑑定士試験の会計学、経済学はどのように勉強したらよいのか知りたくありませんか?近年では、たくさんの人が不動産鑑定士試験に合格するように勉強するといわれています。その理由として、多くの資格試験が難易度が落ちていく中でこの不動産鑑定士試験はいまだに合格することが難しく、それだけ独占的な業務に人気が...

 

不動産鑑定士の論文試験は時間内で解答を埋められるの?

不動産鑑定士試験の論文は、果たして時間内で解答を埋めることはできるのでしょうか?その前にまず、不動産鑑定士の論文試験はどのようなものなのかを説明したいと思います。不動産鑑定士試験では大きく分けて二種類の科目による試験が行われます。問題文に対して解答を記入する短答形式と、設定されたテーマに関して論文を...

 
Sponsored Link

サイト理念

不動産鑑定士とは

他資格との比較における難易度

ダブルライセンスのメリットとは

不動産鑑定士の年収は

不動産鑑定士試験を突破するには

不動産の基礎知識の情報館

不動産の法務局調査

不動産取引の流れ

不動産価格の査定の実務

不動産取引に必要な融資の基礎知識