不動産鑑定士試験 会計学 経済学

不動産鑑定士試験の会計学、経済学はどのように勉強したか?

Sponsored Link

不動産鑑定士試験の会計学、経済学はどのように勉強したらよいのか知りたくありませんか?
近年では、たくさんの人が不動産鑑定士試験に合格するように勉強するといわれています。

 

その理由として、多くの資格試験が難易度が落ちていく中でこの不動産鑑定士試験はいまだに
合格することが難しく、それだけ独占的な業務に人気があると言われています。

 

例えば、弁護士になるために合格することが必要な司法試験については、これまでは合格率が
3パーセントから4パーセントの間とされていましたが、司法試験改革によりその合格率は
30パーセント近くまで上昇しました。

 

そうしたことから、その独占的な魅力はなくなり、次第に魅力が無くなってきたとされています。
一方で不動産鑑定士試験については、試験制度の改変が一度平成18年度にされたものの、
大きな試験制度の変化はなく、これまでどおりその魅力は失われていないとされています。

 

不動産鑑定士試験に合格するには、短答式試験と論文式試験の2つに合格しなければなりません。
短答式試験には、@不動産に関する行政法規A不動産の鑑定評価に関する理論について出題がされ、
その中の法律では、住宅の品質確保の促進等に関する法律、宅地造成等規制法、新住宅市街地開発法
などのこの資格を組織する重要な法律が出題されます。

 

そして、短答式試験に合格すると、論文式試験が待っています。
論文式試験では、不動産の鑑定評価に関する理論に加えて、会計学や経済学の分野が出題されます。

 

会計学や経済学はこの不動産鑑定士試験には直接的な関係はないといわれていますが、
不動産鑑定と経済は密接にリンクされていることから出題がされています。
会計学と経済学をマスターするには非常に多くの時間が必要とされています。

 

経済学については、例えば、大学で経済学部を卒業している人や文系学科にいる人は
それなりの基礎知識は有しているため、勉強がやりやすいようです。

 

一方で、会計学については、それほどなじみがないためマスターするのが非常に困難な
分野といわれています。
そのため、例えば、日商簿記であれば1級程度の知識が必要とされています。

 

多くの場合は、こうした学問を自力でマスターするのは困難なため、予備校に通って
勉強している人が多いのが一般的です。

 

予備校では、その試験に対応した専門講師がマンツーマンで受験生に対応してくれるため、
非常に勉強がはかどり不動産鑑定士試験の合格に近づくのではないかと考えます。
そのため、不動産鑑定士試験に合格したい多くの受験生は予備校に通っています。

Sponsored Link
Sponsored Link

サイト理念

不動産鑑定士とは

他資格との比較における難易度

ダブルライセンスのメリットとは

不動産鑑定士の年収は

不動産鑑定士試験を突破するには

不動産の基礎知識の情報館

不動産の法務局調査

不動産取引の流れ

不動産価格の査定の実務

不動産取引に必要な融資の基礎知識