不動産鑑定士試験 論文 時間

不動産鑑定士の論文試験は時間内で解答を埋められるの?

Sponsored Link

不動産鑑定士試験の論文は、果たして時間内で解答を埋めることはできるのでしょうか?
その前にまず、不動産鑑定士の論文試験はどのようなものなのかを説明したいと思います。
不動産鑑定士試験では大きく分けて二種類の科目による試験が行われます。

 

問題文に対して解答を記入する短答形式と、設定されたテーマに関して論文を
書く論文形式です。
これら二つの中でも、特に難易度が高いと考えられているのが論文試験です。

 

ではどういったものが不動産鑑定士試験の論文式試験でテーマとなるのかといえば、
民法・経済学・会計学・鑑定理論・鑑定演習の5科目です。

 

不動産鑑定士試験という中で特に重視されるのは鑑定理論と鑑定演習の二つの
科目ですが、それ以外の三科目についても習熟が求められるため、難易度が高い
試験となっています。

 

論文とは、出題された問題に対して、問われている論点を把握し、問題提起して、
見解を述べて、そして結論として理由を述べる一連の作業になります。

 

したがって、ゼロから起承転結によって構成された回答を用意することから、論文と
呼ばれる試験の答案用紙は、当然白紙です。

 

不動産鑑定士の試験でいえば、試験時間は、1科目につき2時間で問題2問、
解答用紙4枚分(400字の原稿用紙でいうと10〜12枚程度)。

 

このような条件のもと、試験会場では、自分と他の受験生との一大決戦が行われる
ことになります。

 

そして、懸案の「不動産鑑定士試験の論文は、果たして時間内で解答を埋めることは
できるのか?」というこについてですが、一般に、司法試験、会計士試験、税理士試験、
不動産鑑定士試験など、どのような試験について言えることですが、論文や理論の記述試験は
綺麗に書く訓練は十分にされており、さらに書くスピードも速い方が多いです。

 

合格体験記などのもよく見受けられるように、問題を見た瞬間に頭の中では書くストーリーと
ボリュームが浮かぶそうです。

 

さらに出題された問題に対して、何分でどのくらいの分量で書くか頭の中でイメージすることが
出来なければ、まず合格答案にたどり着くことはできないです。

 

そのために、箇条書きしているようなイメージで、論点を頭に思い浮かる練習をし、さらに自分は
書く文字の大きさで一行に何文字書いて、何分でその論点に値する分量が書けるか訓練する
ことが大切です。

 

何回も何回もその作業を繰り返して、コツコツと練習して、習得するしかないです。
誤字脱字は減点対象になりますし、試験委員といえども普通の人間ですので、
字の汚さについても悪い印象を与えます。

 

また、記述量が明らかに少ない場合や仮に十分な分量の論文に仕上げていたとしても、
論点の読み違いなども減点となります。
専門学校で講師をしておられる方によれば、「合格答案は一目で判る」とのことです。

 

このように、ハードルの高い論文試験ですが、今後は少人数による少ない椅子の
奪い合いになる可能性が高いです。

 

不動産鑑定士試験は、まず、「何が何でも受かる」という確固たる決意が必要であり、
更に知識も大切ですが、如何せん論文センスも問われますので、とにかく「書く」という
地道でアナログな努力が求められる試験です。

Sponsored Link
Sponsored Link

サイト理念

不動産鑑定士とは

他資格との比較における難易度

ダブルライセンスのメリットとは

不動産鑑定士の年収は

不動産鑑定士試験を突破するには

不動産の基礎知識の情報館

不動産の法務局調査

不動産取引の流れ

不動産価格の査定の実務

不動産取引に必要な融資の基礎知識