不動産鑑定士試験 鑑定理論

不動産鑑定士試験の鑑定理論の勉強法は?

Sponsored Link

不動産鑑定士試験の鑑定理論について、暗記法や勉強法を知りたいと思っておられる方は
意外に多いようです。

 

鑑定理論は、当然この試験の目玉であり、実務上も避けては通れない知識であることに加え、
鑑定評価を行う上での、バイブルとして位置づけられるものです。

 

不動産の鑑定評価の実務に携わりながら勉強してしていて、法律を読むのにも抵抗がない人に
とっては、鑑定評価基準の原文は比較的スムーズに取り掛かることができるようです。

 

ただ、問題は、今まで全く不動産に縁がなかった人は、基準を読む順番に気をつけないと
厳しいものがあります。

 

なぜなら、最初から読んでいくと、経験者であっても1〜2回目はチンプンカンプンになりやすいほど、
文章の記載や流れが難解なためです。

 

このような特徴をもった、鑑定理論を制覇するための勉強法について、以下お話していきたいと思います。
まず第一に、鑑定評価基準の暗記法についてです。

 

【暗記法】

 

まずそもそも、不動産鑑定士試験に暗記は本当に必要か?というお話をしたいと思います。
最近の試験問題を見ると、不動産鑑定評価基準だけで回答できない問題も多くなってきている
傾向が見て取れます。

 

このことから、そもそも暗記は不要では?という声も受験者からはあるようです。
とはいえ、やはり鑑定評価基準をそのままぶつけてくる問題も出題されています。
また、ある程度の暗記を終えていないと、どうしても解答のスピードが上がらず、
時間を要します。

 

専門学校の講師や合格者の意見ですが、「問題が難しくなるほど基本的なところで差がつく」
ものなので、最も基本といえる基準の暗記なしには、鑑定士試験攻略は難しいということが
言われています。

 

これらをきちんと咀嚼すると、ある程度の基準の暗記は、鑑定士試験合格の必須条件と
言えるでしょう。

 

では、基準の暗記を行うにあたっては、どのように取り組めば良いのかお話してまいります。
まず基準の丸暗記は時間の無駄となります。

 

きちんと理解して覚えないと、かえって二度手間になりかねません。
理解していないと回答することができないからです。

 

不動産鑑定評価基準を勉強していると、試験合格者からの「暗記が必要」という
画一的な情報を鵜呑みにして、「第1章から丸暗記」を初めてしてしまうという選択を
得てしてとりがちです。

 

しかし、実務でも第1章を書く機会など殆ど見受けられませんし、1章は意外と一番覚えにくい
ところでもあるため、ついつい暗記が止まってしまうというのが、よく聞くパターンです。

 

では、どうするのが効率的かということですが、試験の出題に関しての重要度に応じて、
断片的に覚えている箇所を増やしていくのがベストです。

 

@出題可能性の高い2章・5章・6章の重要キーワードから初めて、全範囲に。
A次に超重要定義をマスターしていく。
Bこれができたら、いわゆるキーワードをマスターしていく。

 

というように進めていくことをオススメします。

 

不動産鑑定評価基準の暗記方法の2つ目として、「書かない」というのも有ります。
書く時間があるなら、何度も繰り返すのが得策です。
また、書かない代わりに「つぶやく」のもおすすめできます。

 

やってみると気がつかれると思いますが、黙読より音読のほうが記憶に残りやすいです。
要するに、鑑定評価基準の暗記には、書かずに音読が最適、ということになります。
不動産鑑定評価基準の暗記ノウハウの3番目として、「音声の活用」があります。

 

特に働きながら受験するかたなど、日々の移動時間というのは実は相当な時間になります。
その際、好きな音楽やゲームは少し辛抱して、不動産鑑定評価基準のテープを聞き流す
ようにすると、暗記の効率がアップします。

 

もちろん、英会話の某CDのように「聞き流しているだけで理解し頭に入る」などとは申しませんが、
少なくとも一度覚えた部分の定着度はかなり高まります。

 

あと、もし、お付き合いしている彼女や彼氏がいらっしゃいましたら、基準を朗読して録音をして
もらったものを聞くといいかもしれません。

 

暗記したものを維持していくというのは、実は意外に地味で継続していくのは難しいですが、
この方法であれば、お手軽でかつ効果的ですので、ぜひとも試されるといいでよ。

 

そして、最後になりますが、不動産鑑定評価基準暗記方法の4番目ですが、基準の
丸暗記部分を意識して、別途取り扱うということです。

 

これはどういうことかと言いますと、基準の中には理解していれば自分の文章でも結構書ける
部分もあれば、総合的勘案事項のような丸暗記しないと書けない部分もあるということです。
つまり、これを明確に区別しておいて、丸暗記部分は最後に詰め込めば良いという意味です。

 

なので、基準の全部を常に維持している必要はなく、基準の場所によっては試験の直前期に
詰め込めば良いと考える、ずいぶんプレッシャーからは開放されるでしょうし、実際に勉強の
効率も良くなります。

 

【短答式】

 

短答式の鑑定理論は、マークシート方式で5択なので、3割をきっちり正解し、7割を2拓まで
絞れれば65%=合格ラインです。

 

不動産の鑑定評価の実務に携わりながら勉強してしていて、法律を読むのにも抵抗がない人にとっては、
鑑定評価基準の原文は、比較的スムーズに取り掛かることができるはずなので、鑑定評価基準の
原文を3〜4回程度読み、暗記をコツコツ続ければ、概ね6割は取れるようになります。

 

その際、きっちりと覚えるのは「総論5・6・7章」「各論1章」です。
(その中でも農地・林地などは無視しても構いません。)
他の章は、何を説明しているかがわかる程度で十分です。

 

具体的な勉強の手順
1回目の基準の読み方は次の通りです。
・総論8章(どんな作業をするか)→総論9章(どんなものを作るか)
そのために、
・総論2章(どんな種類の)→総論5章(どんな価格を)→総論7章(どのように求めるか)
を大まかに把握し
・各論1章(具体的にどう求めるのか)
を理解します。

 

上記に記載がない章は、2回目以降に読めば大丈夫です。
総論8章〜9章を先に読む理由は、不動産の鑑定評価についてのイメージ固めをするためです。

 

【論文式】

 

基本は暗記+アウトプット、それだけです。
とにもかくにも、ある程度の暗記がなければ、始まりません。
その上で、アウトプット方法を身につければ、合格圏内が見えてきます。

 

ただ、そもそも基準自体、他の法律等と比べると、その分量はかなり少ないほうなので、
暗記すべき文言や流れはそこまで多くないと理解するべきです。

 

各項目を聞かれた場合、その「定義・意義」を述べることができて、その項目の上と下に
あることを関連付けることができれば概ね妥当なレベルです。

 

また、過去問を見て、こう聞かれたらこう答えるというパターンを集約しておくと学習効率が一層上がります。
論文試験の合格を見据え、理解力と暗記力を深めておきたい人には、要説と暗記読本が必須になります。
これは、今やるか後でやるかの違いでしかありません。

 

まずは合格ラインに達することが重要であり、そのためにはテキストや予備校を活用することが大切です。
勉強の効率が悪い場合や、得点が伸び悩んでいる場合、鑑定理論の理解が進まない場合などは、
それぞれ読む順番や覚えるべき章に濃淡をつけて勉強してみると良いです。

Sponsored Link
Sponsored Link

サイト理念

不動産鑑定士とは

他資格との比較における難易度

ダブルライセンスのメリットとは

不動産鑑定士の年収は

不動産鑑定士試験を突破するには

不動産の基礎知識の情報館

不動産の法務局調査

不動産取引の流れ

不動産価格の査定の実務

不動産取引に必要な融資の基礎知識