不動産売買 媒介契約 種類

不動産売買の媒介契約の種類にはどのようなものがあるの?

Sponsored Link

不動産売買の媒介契約の種類にはどのようなものがあるのかご存知ですか?

 

【3種類ある媒介契約について】

 

あなたが、不動産の売却・購入を依頼する場合に、不動産会社に対して、
必ず所定の媒介契約と呼ばれているものを締結するきまりになっています。
そして、この媒介契約には次の3種類があります。

 

・専属専任媒介契約
・専任媒介契約
・一般媒介契約

 

一般の人には初めて聞くようなものばかりで、なかなかわかりづらいものと思われますが、
どの契約を結んでいるかによって、不動産会社が販売活動を行うにあたっての真剣さ
の度合を図ることができます。

 

まず、「専属専任媒介契約」とは、「ひとつの不動産会社だけに売買を任せる」
という契約のことを言います。

 

この場合、あなたが売主として、自分で買主を探したとしても、不動産会社が自ら
買主を見つけたこととして報酬の支払いが必要になります。

 

一方、不動産会社は、不動産の流通機構(通称:レインズと言います。)に不動産を
登録し、1週間に一度、売主に売却活動の状況を報告をします。

 

「専任媒介契約」は、自分で買主を発見してもいいのですが、不動産会社の
売却活動の報告は2週間に1回に軽減されます。

 

三つめの、「一般媒介契約」では、あなたは不動産会社を何社にでも
同じ不動産の売却の依頼をすることが可能となります。

 

【それぞれの媒介契約の特徴について】

 

まず、「専属専任媒介契約」ですが、この場合、最近では大手の不動産会社で
採用されることが多いようです。

 

不動産会社にとっては、毎週の報告の手間は要しますが、「1社だけに売買を任せる」
ということを意味しますから、不動産会社が案件について、「これは買主が見つかりそうだな」
と判断した不動産で売主と結ばれることが多いようです。

 

一方、一般の不動産会社においては、「専任媒介契約」で仲介を引き受ける
ことが多く見受けられます。

 

「一般媒介契約」については、広範囲にわたって声がかけられるので早く売ることが
可能になると思いがちですが、実際に同じ不動産があちらこちらで広告されているのを
見ると、この不動産は「売れないのかな」というようなイメージを与えてしまうこともあるようです。

 

不動産会社にとっても、自社で買主が見つかるかどうかわからない、報酬が得られるか
どうかわからない物件にあまり注力することはないと言えるでしょう。

Sponsored Link
Sponsored Link

サイト理念

不動産鑑定士とは

他資格との比較における難易度

ダブルライセンスのメリットとは

不動産鑑定士の年収は

不動産鑑定士試験を突破するには

不動産の基礎知識の情報館

不動産の法務局調査

不動産取引の流れ

不動産価格の査定の実務

不動産取引に必要な融資の基礎知識