不動産 告知書 物件周辺状況等報告書 付帯設備表

不動産の告知書で物件周辺状況等報告書及び付帯設備表とは?

Sponsored Link

不動産の告知書で物件周辺状況等報告書及び付帯設備表をご存知でしょうか?

 

不動産の取引の時には売買契約書と重要事項説明書のみならず確かめるべき
書類があります。

 

売主が不動産の実際の姿と買主に報告しておいたほうが良いことを整理した
「物件周辺状況等報告書(以下、物件報告書)」と、不動産と一体で取引される
設備関係とその状態をまとめた「付帯設備表(以下、設備表)」なのです。

 

売主の責任や保証に直結する書類になるので、可及的速やかに売主へ手渡し、
書いてもらうようにします。

 

物件報告書とは、売主が「ここで告げなかった(書かなかった)暇疵は全面的に
責任を取ります」と明示した書類なのです。

 

書いた暇疵に関しては買主が承諾した場合、価格に織込み済みという意味になり、
売主の責任は求められません。
売主の保証に等しい書面だということです。

 

一戸建て等のケースは雨漏り、給排水管の故障ゴミ置場などの近隣との
申し合わせ事項の確認が要点となります。

 

マンションは漏水等の被害や上下左右住戸の居住者がどういう人たちだろうかがポイントです。
買主の目的を察して、それに関連する暇疵は些細なことでも記載しておくことがなによりです。

 

設備表とは、売主が「残していく物で、異常が見られないとしている設景備等にトラブルが
有ったら何もかも責任を取ります」と明示した書類です。

 

保証も見受けられますが、敢えて言えば売主の残していくものの確認に相当する
書面だと言えます。

 

物件報告書と違い、説明をきちんと行わないと売主は、
「いま、家にあるものを記載しておけば良い」と書き方を誤解してしまうので注意します。

 

なので、記入例を手渡す時には、「持っていけないものを書いて下さい」と一言付け足した
方が良いでしょう。

 

また、故障イコール“使えないもの” と理解しがちですが、洗面台ボウルに“ひび”が入っている
程度も故障とみなす方が賢明でしょう。

 

売主は日常生活をしており、わずかな傷や故障は気にしなくなっていますが、買主から見れば
設備は高価な買物の一部ですから、わずかな傷だとしてもとても気にかけます。
このように売主と買主に温度差があることを把握しながら、記載してもらうようにします。

 

物件報告書や設備表は日常生活に関係する内容ですから、
「故障が無しとなっている魚焼きグリルがまるでダメなんですけど……」
と引渡しをした後にクレームが見られることが結構見られます。

 

それもあって、引き渡しよりも前に売主に、
「物件状況等報告書と付帯設備表の確認を取らせていただけませんか」とお願いして、
引き渡しをして貰う前に、買主と同行して部屋の状況を調査させて頂くのが望ましいです。

 

何か懸案事項を発見したらその場でやり取りをし、必要であれば売主に修繕して
もらうようにします。

 

購入直後の高揚した気分が穏やかに落ち着いてくると、ささいなことが気にかかるのが
人情です。
物件報告書、設備表を作り上げて、リスクに備えたいものです。

Sponsored Link
Sponsored Link

サイト理念

不動産鑑定士とは

他資格との比較における難易度

ダブルライセンスのメリットとは

不動産鑑定士の年収は

不動産鑑定士試験を突破するには

不動産の基礎知識の情報館

不動産の法務局調査

不動産取引の流れ

不動産価格の査定の実務

不動産取引に必要な融資の基礎知識