不動産会社 選び方 購入

不動産会社の選び方を知って上手に購入するポイントとは?

Sponsored Link

不動産会社の選び方を知って上手に購入するポイントとは、どのようなことなのでしょうか?

 

不動産業界は生き馬の目を抜く世界?】

 

あなたが所有する不動産を売却したり、または購入を依頼したり、アパートなどの
賃貸物件を借りるときなど、ほとんどの不動産取引の場面では不動産会社の
お世話になるのが通常です。

 

しかし不動産業者に対して、「地上げ屋」「千三つ屋」「追い出し屋」などと言うように、
悪いイメージを持っていたり、気軽に近づきにくい雰囲気を感じている人もたくさん
おられるかもしれません。

 

また、不動産には同じものが二つとないといいた独自の個別性があることから、
不動産会社はそれぞれ得意な分野で活躍しているという特徴も見受けられます。

 

ここでは、賃貸と売買の二つの場合を考えて、不動産会社の選び方の
ポイントの例を見てみたいと思います。

 

【賃貸では「地元」での情報の量より「質」が大切】

 

賃貸では、これがすべてと言っても過言ではありません。

 

マンションやアパートを借りたり、あるいはアパートなどを賃貸に供したいと思ったとき、
あなたが一番重視する必要があるのは不動産会社の地元(駅周辺)での実績と
情報量です。

 

一般には多くの物件を扱っているところに自然と多く情報も集まってくるので、
条件の良好な物件に巡り合える可能性も高くなります。

 

私の経験でも、店がきれいであるとか、対応がしっかりしているとか、パソコンの
システムが進んでいるといったことが大切なのではありません。

 

店が古くてすべてアナログでやっているところだとしても、地域の実績が一番の店
であるなら、しっかりとした対応をしてくれるはずです。

 

【売買でのポイントは担当者の「問題解決能力」】

 

それに対して売買のいては、担当者の問題解決能力が重要な鍵になります。
ここでは不動産会社の選び方というよりは、むしろその担当者との出会いの
ほうが大切です。

 

私の経験から言えば、不動産の取引では必ずと言っていいほど、あなたの
予期しないことが起きます。

 

そのようなときに冷静に、かつ適切な対応ができる担当者であるかどうかが
重要になるわけです。

 

私も職業柄、クライアントの不動産売買に立ち会う機会がたくさんありますが、
担当者が経験豊富だと、安心して任せることができます。

 

逆に誰もが知っている大手不動産会社であったとしても、担当者が新人であったり、
新人でなかったとしても知識や経験が不足していたりすると、こちらが逆に助言を
出したり、お手伝いをしたりと骨を折らないといけないこともあります。

Sponsored Link
Sponsored Link

サイト理念

不動産鑑定士とは

他資格との比較における難易度

ダブルライセンスのメリットとは

不動産鑑定士の年収は

不動産鑑定士試験を突破するには

不動産の基礎知識の情報館

不動産の法務局調査

不動産取引の流れ

不動産価格の査定の実務

不動産取引に必要な融資の基礎知識