不動産 仲介手数料 比較

不動産の仲介手数料を比較すると売買と賃貸ではどうなる?

Sponsored Link

不動産の仲介手数料を比較すると売買と賃貸ではどうでしょうか?

 

【仲介手数料は成功報酬のみ】

 

一般的に、「マイホームは一生で一度の一番高い買い物」とよく聴かれますが、
一般の人は、不動産を「売る」「買う」「貸す」「借りる」ことは、自分の人生で
それほどたくさん出くわすわけではありません。

 

そのようなときは、たいてい不動産会社(正しくは「宅地建物取引業者」と言う)に
仲介を依頼することが考えられます。

 

不動産会社はそういったことが仕事なので、仲介することができれば報酬が
発生することになりますが、その報酬は一体、どのようなしくみになっているか
ご存知でしょうか。

 

実は様々な歴史的な経験から、国がその基準(上限額)を決めています。
売買の場合の報酬を見てみましょう。

 

200万円まで取引価格の5%+消費税
400万円まで取引価格の4%+2万円十消費税
400万円超取引価格の3%+6万円十消費税

 

賃貸の場合は次のとおりです。

 

賃料の0.5ケ月分十消費税(借主、大家の双方から受け取れる)
または賃料の1ヶ月分十消費税(大家の承諾のあるとき。借主から全報酬を受け取ることができる)

 

特徴的なことを取り上げるなら、これが成功報酬であることです。
つまり取引が成立しなければ、不動産会社には全く報酬が入ってこないのです。

 

広告宣伝、内覧会、オープンハウスなどは、すべて不動産会社による経費で
行なわれますが、仲介できなければ不動産会社の収入はなく、すべて
持ち出しとなります。

 

【「片手」「両手」とは】

 

一方、不動産会社が、誰から報酬をいただくことになるのかは非常に重要な
問題となります。

 

売主が不動産会社に不動産の売却を依頼した場合を考えますと、
運よくその不動産会社に買主がやってきて、無事商談が決まり、
400万円超の物件の取引が成立したとしましょう。

 

この場合、不動産会社は、仲介手数料は売主と買主の両方からもらう
ことができます。

 

これを不動産業界用語で、両手に花の「両手」と呼ばれています。
つまり不動産会社の報酬は、6%+12万円(+消費税)となるわけです。

 

一方、買主が別の不動産会社を通じて不動産の取引が成立した場合には、
売主側にいる不動産会社は3%+6万円(+消費税)、買主側の不動産会社も
3%+6万円(+消費税)がそれぞれの報酬ということになります。

 

これを不動産業界用語で「片手」と言います。
同業者に売買の協力を求めた場合には、業者間で手数料を分ける、
「分かれ」という言葉もあります。

Sponsored Link
Sponsored Link

サイト理念

不動産鑑定士とは

他資格との比較における難易度

ダブルライセンスのメリットとは

不動産鑑定士の年収は

不動産鑑定士試験を突破するには

不動産の基礎知識の情報館

不動産の法務局調査

不動産取引の流れ

不動産価格の査定の実務

不動産取引に必要な融資の基礎知識